自転車のスマートロックは折り畳み式で便利な『Ziilock』がおすすめ

近年では電動自転車やマウンテンバイクなど、高価な自転車も増えてきました。盗難防止のために鍵を付けるのですが、やはり盗まれてしまうといった苦い経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、自転車にもセキュリティ機能が高く、かつ便利なスマートロックを導入したいと考えている方も少なくないはずです。

今回は、そんな方々にお勧めの、折り畳み式で頑丈、生体認証可能な自転車用のスマートロック『Ziilok』をご紹介いたします。

『Ziilock』とは?

『Ziilock』は、事前に登録した指紋で、施錠・開錠ができる自転車用スマートロックです。Bluetoothでスマホと連動することもでき、手元で施錠の操作をすることができるとして人気の商品になります。

自転車でよくありがちな、キーの紛失、ダイヤルの番号を忘れたり、知られてしまったりという心配もありません。また、モーションセンサーを搭載しており、施錠後に自転車が動かされるなど不審な動きがあった場合は、すぐにスマホに知らせてくれるので、自転車から離れていても安心です。

『Ziilock』の施錠方式について

続いて、Ziilockの具体的な施錠・開錠方式について解説していきましょう。

0.5秒で指紋開錠

高解像度静電容量式タッチパネル搭載で、より安全で高速なキーレスロック解除操作が可能です。スキャナー部分に指先を置くと0.5秒ほどで解錠できるため、なかなか読み取れないストレスもありません。

また、指紋は20個まで登録でき、またアプリで鍵をシェアできるので、友達と自転車を共有することもできます。

ワンタッチスマホ開錠

Bluetoothでスマホと連動させることで、スマホをワンタッチするだけで自転車を開錠することが可能です。また、ワイヤレス通信についても、AES 256軍事レベルの高セキュリティによって暗号化されているので、通信を介してキーを開けられてしまうといったリスクもないでしょう。

『Ziilock』は充電も長持ち

また、このようなスマートロックでは、指紋認証のためのスキャナーやBluetoothを搭載しておりますので当然、鍵を充電して使用することになります。そこでスマートロックの難点としてもあげられるのが電池の消耗です。

しかし、Ziilockは、低消費電力コンポーネントを使用しているので、フル充電でバッテリ―はおよそ3カ月もつといい、すぐに電池がきれて開錠ができなくなってしまう心配もありません。

ただ、長期の海外旅行や留学の際は3カ月を過ぎてしまう場合もありますので、イレギュラーの際は電池を抜いて、持っておくのが良いかもしれませんね。

『Ziilock』の盗難防止システムについて

自転車の不正な動きを巧妙に判断できる敏感なモーションセンサーを搭載していることで、センサーが不審な動きを感知すると、スマホを介して通知を行うことができますので、持ち主はすぐにSOSを受け取ることができます。

この防犯システムは常時オンになっているため、電池が切れない限り常に警戒モードにしておくことが可能です。

更には、リモートアクセス許可にしていると、自転車をロックするたびに位置をマークするので自転車・ ZiiLockを簡単に見つけられます。自転車がどこにあるのかが常にわかり、24時間バイクが保護されるので安心です。

『Ziilock』は見た目もシンプル

せっかく、おしゃれで見た目にこだわった自転車を購入しても、防犯のために購入したはずのスマートロックが思いのほか主張が激しく、なんだか不格好になってしまって結局取り付けなかったという方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

その点、『Ziilock』はシンプルかつ、使わないときはくねくねと折りたたんで手のひらサイズで収納もできますので、自転車に乗っているときに取り付けたスマートロックが目立ってしまうということも当然ありません。また、折り畳み式ですのでこれまでのロックチェーンのようにかさばる心配もありませんのでどなたでも使いやすいデザインとなっています。

バッグの端やリュックの外ポケットなどに少し入れておくだけで、大切な自転車を守ることができるはずです。

更には、鉄プレートが連なるようなデザインとなっているロックの部分は、『焼き入れ』という特殊な処理がされ、強度が高められているため壊されにくいという観点での防犯性の高さもポイントです。いくつもの切断テストと穴開けテストをクリアしているので、安心して使用することができるでしょう。

まとめ

今回は、自転車用のスマートロック『Ziilock』について特集いたしました。せっかく素敵な自転車を購入しても防犯セキュリティが甘ければ盗難に遭ってしまう可能性も高くなります。ちなみにZiilockの参考価格は15900円です。一人暮らしの方でも少し背伸びをすれば購入できる金額なのでは名でしょうか。

背伸びといっても、自転車が盗まれてしまうよりはずいぶん安価にリスクヘッジができると考えたら、費用対効果は抜群であるはずです。

お家もスマートロック、宅配ボックスもIoT化。自転車もしっかりスマホロックや生体認証で大切に守ってあげてくださいね。

 

関連タグ