環境省による宅配ボックス実証実験が、今度は山形と京都で実施!

再配達による宅配業者の労働時間の増加や、Co2排出による地球温暖化を受けて、近年は政府や自治体と企業が提携して、さまざまな対策が行なわれています。今ある最も有効と言える対策として「宅配ボックスの設置」が挙げられます。これまで福井県や京都市内などで実証実験が行なわれており、新しいところで福岡市が行なう「実証実験フルサポート事業」の対象に、宅配ボックス関連が2つも選ばれるなど大きな注目を浴びています。

そして今回、環境省の発表によると、新たに山形県山形市、京都府宇治市において、再配達削減にむけた実証実験を開始することがわかりました。一体、どういった内容なのでしょうか。

実証実験を行う背景

近年、インターネットショッピング等が普及し、その規模は拡大していく一方です。これにより宅配便の取扱数の増加、それに伴う再配達の増加から、宅配ドライバーの人手不足と宅配トラックから排出されるCo2排出量の増大といった問題は、大きな社会問題となっています。政府としても、この問題を見逃すことはできず、Co2排出の削減と物流業界における労働生産性の向上を目指すため、これまでもさまざまな動きが取られてきました。

そんな中、首都圏を中心に、だれでも気軽に受け取ることのできるオープン型宅配ボックスの設置が、全国的に進みはじめ、受け取り方の多様化が図られるようになってきました。しかし実際は、こうしたオープン型宅配ボックスが設置されているのも首都圏など、中心地がほとんどなため、地方部ではまだまだ知られていないのが現状です。

こうした背景から、環境省では、山形県山形市と京都府宇治市の関係各所と連携し、オープン型宅配ボックスを設置しての実証実験を行うことを発表しました。

再配達を減らすため、環境省が取り組む「COOL CHOICE」とは?

事業内容について

この実証実験が行なわれる期間は、2018年9月25日~2019年2月下旬ごろまでを予定しています。主な設置場所は、駅やスーパー、ドラッグストアのほか、公共施設など。山形市と宇治市で設置される宅配ボックスの種類は変わります。

山形県山形市

  • 設置宅配ボックス:はこぽす
  • 2018年9月現在、7か所へ設置済み
    その他8か所程に随時追加予定となっています。

京都府宇治市

  • 設置宅配ボックス:PUDOステーション
  • 2018年9月現在、1か所へ設置済み。
    今後、木幡地域や大久保地域を中心に宇治市内の公共施設、商業施設等に設置される予定。

<その他さまざまな実証実験について>

再配達問題の解決は福岡から?!福岡市で宅配ボックス関連の実証実験が開始!

NASTAが福岡市と協力して、1000世帯に宅配ボックス設置!

九州電力が、スマホアプリで解錠する宅配ボックス設置を目指す!

再配達のない街へ!パナソニックと自治体が協力した実験の成果とは

パナソニックの新たな再配達削減プロジェクト!次なる場所は歴史と伝統の街!

オープン型宅配ボックスとは?

一般的に、宅配ボックスというと、マンションのエントランスなどにポストと一緒に設置されているイメージを持っている方が多いかと思います。仕事や用事などで家を空けていても、宅配ボックスに預けておけば、再配達を依頼して待っている時間も必要なく、とても便利な設備ですよね。しかし多くの住まいが、宅配ボックス付きとは限りません。宅配ボックスのない建物に住んでいる方は、どうしても再配達対応をしなくてはいけません。特に一人暮らしの方などは、再配達を設定していても、なかなかその時間に帰宅できなかったりして、お互いに多くの時間を要してしまいます。そこで便利なのが、このオープン型宅配ボックスです。

オープン型宅配ボックスは、駅やスーパー、ドラッグストアなどの公共施設に設置され、配送先を宅配ボックスにすることで、そこへ荷物を届けてもらう事ができます。駅やスーパーなどであれば、配達時間外であっても、仕事帰りなどにいつでも受け取りが可能。今では、どなたでも気軽に利用できる場所への設置が、着実に進められています。

宅配ボックスの設置に補助金が出る!?街中での宅配便受け取りが便利に!

実証実験で使われる宅配ボックス

PUDOステーション

パックシティージャパンが運営する「PUDOステーション」は、2016年の設置開始以降、着実にその数を伸ばし、2017年10月には累計1000台を突破しました。

特定の業者でないと利用できない宅配ボックスも多い中、ヤマト運輸や佐川急便をはじめ、複数の宅配業者と提携しているため、さまざまな宅配業者の荷物を受け取ることが可能です。

またお客さまの生活に便利なあらゆる施設に設置できるため、代表的な駅やスーパーだけでなく、駐車場やドラッグストアなどさまざま。消費者のライフスタイルの多様化に伴い、いつでもどこででも受け取りが出来るように、設置されています。ただし荷物が配達されたら、預かり期限は3日間となっているので、要注意です。

関連記事:誰でも利用できるオープン型宅配ボックス「PUDOステーション」の魅力とは?

はこぽす

日本郵便が開始したロッカー受け取りサービスで、ゆうパックなどの郵便物や「はこぽす」で受け取りが可能な通販サイトで購入した荷物などを、さまざまな場所に設置されたロッカーで受け取が可能となっています。楽天を始めとした10のECサイトで「はこぽす」での受取選択ができます。以前は、北海道から兵庫県の一部地域のみの利用でしたが、現在は福岡や愛媛などにも設置されています。

なお「はこぽす」では、荷物の受け取りだけでなく、荷物の発送も可能です。「はこぽす」が契約している事業者のみ(現在は、ブックオフ株式会社のスマート買取(はこぽすType))ではありますが「はこぽす」を使って送ることが出来るようになっており、徐々にその事業者も増えていくかと思います。

宅配ボックスの設置規制緩和で、再配達は減るか?

まとめ

再配達問題は、日本全体で抱える大きな問題です。最近では、さまざまな自治体や企業を中心に宅配ボックスを広める実証実験が行なわれており、宅配ボックスの設置が再配達問題の解決に繋がるとわかれば、一気に全国に広まるのではないでしょうか。

今回紹介したオープン型の宅配ボックス設置だけでなく、戸建て向けや個人で導入できる宅配ボックスなども増えてきているので、再配達が面倒と感じている方などは、利用してみてはいかがでしょうか。

注目の宅配ボックスはコチラ