スマート内覧で不動産管理を効率化!好きな時間に物件を見に行こう!

全国的に人手不足が叫ばれる昨今、不動産業界もそれは同じです。不動産管理業務において、一番と言ってもいいくらいに人手を要しているのが、物件内覧時の対応です。管理会社へ物件の鍵を受け取りに行き、お客様と待ち合わせして案内、もしくはお客様が来店するなどして物件の鍵を受け渡しなど、かかる工数はとても大きいです。この内覧対応にかかる時間を解消することで、業務効率化を図ることができます、それが『スマート内覧』です。

スマート内覧とは?

「スマート内覧」とは、簡単に言うとお客様の携帯電話を利用して、お客様自身で内覧ができるサービスです。アカウントを登録し、インターネット上から内覧日時を予約すれば、あとは携帯電話を持って内覧したい場所へ行くだけ。スマートフォンだったらWEBから鍵を開けることができ、スマホ以外の携帯電話の方は現地で鍵の開閉専用の電話番号へ連絡し音声ガイダンスに沿って操作するだけで部屋の鍵を開けられます。

これにより、今まで管理会社の営業時間外や店休日などで希望の日時を合わせづらかった方もお客様の都合のよい時に内覧できるようになります。管理会社スタッフの立ち会いもないので自分のペースで内覧でき、仲介業者の方はわざわざ鍵を受け取りに行く必要もありません。

>>内覧の効率化はスマートロックで解決!

個人のセルフ内覧でも「入居判断できる」人は83.3%も

「スマート内覧」を運営する株式会社ライナフは、昨年から今年にかけて内覧の動向や、お客様のご意見などを収集するための調査を行いました。三菱地所ハウスネット株式会社の協力の元、55社の仲介業者を対象に行ったこの調査で、スマート内覧を導入していない物件に比べ、導入している物件の方が約1.2倍も平均内覧数が上回る結果となりました。不動産仲介業者の定休日が集中する火曜日・水曜日や、仕事終わりの18時以降などにも利用者が多く、これまで内覧できなかった曜日や時間帯でのニーズが強いことも分かりました。また、個人で内覧した方へ取ったアンケートで、一人で内覧していても入居判断ができるかという質問については、83.3%もの方が「入居判断できる」と回答しました。今回の調査で、スマート内覧の有効性が感じられたと共に、さらに様々なタイプの物件で運用していくことで、将来的な不動産管理の大きなヒントとなるとされています。

関連サイト:スマート内覧 実施結果報告(株式会社ライナフ PR)

日本版Amazon Keyになる?ライナフの新しいプロジェクトとは

システムが充実

WEBでいつでも予約可能

内覧を希望する人は、スマート内覧のWEBサイトからいつでも予約が可能です。パソコンやスマートフォンを使って、見たい物件についているWEBカレンダーから好きな時間を予約するだけ。今までは仲介業者の都合もありきで調整する必要がありましたが、スマート内覧では当日でも空いていれば予約が可能となっています。

スマートロックを連動させてセキュリティ面も安心

スマート内覧は「NinjaLock」というスマートロックを使って、物理的な鍵を使わず安全なシステムを導入しています。内覧者に鍵を渡す時間も不要で、お客様のスマートフォンなどから自身で開けることができます。NinjaLockは、電気工事なども必要なく入居が決まれば簡単に取り外しもできます。室内に専用タブレットを設置することで、いつでも遠隔で開閉が可能です。またタブレットのカメラ機能を使い、室内の様子を確認することもでき、不審な行動もすぐに察知できます。

細かい内覧条件の指定が可能に

物件管理者は、ユーザーが内覧できる日時や条件で設定でき、内覧者を仲介業者と個人で分けることも可能。どうしてもスマートロックを取りつけることが出来ない部屋などで物理的な鍵の対応が必要な物件も登録でき、その物件を内覧する場合は鍵の開錠方法をテキストか音声で読み上げて知らせます。

内覧履歴で分析もできる

内覧者のデータを蓄積することができる「スマート内覧」は、曜日や時間、内覧者のタイプなどデータ化できていなかった部分を把握できるようになります。こうしたデータを元に分析を行い、営業戦略やレポート作成に活かせます。

Airbnbに使える!オススメのスマートロック4選!

ユーザーの満足度を高める「スマート内覧」

「スマート内覧」は、利用した内覧者の方々に満足頂けるサービスの提供を目指しています。常に利用する方のことを考え、より便利で使いやすい機能がたくさん。仲介業者に確認を取ることで、なかなか調整の難しかった予約日決定~内覧までを簡単にしています。

・スピーディーな予約
24時間いつでもどこでも空き状況を確認して、内覧予約することができます。

・スマホで簡単入室
予約をしたあとは、時間に合わせて現地に行くだけ。スマホ・ガラケーどちらでも簡単に鍵を開けられます。

・音声通話で予約から解錠まで
スマート物確と連動していれば、物確電話から予約まですべて音声通話で対応することも可能です。※2017冬から対応

・タブレットがセルフ内覧をサポート
わからないことは現地のタブレットで確認。ウェブコールで管理会社と直接通話も可能です。
※引用:スマート内覧サイト

「不動産×スマートロック」急増するリアルエステートテックとは?

まとめ

他にも、内覧予約や物件確認、分析管理などそれぞれの機能での不動産管理システムはありますが、内覧から管理までを1つに集約したシステムは多くありません。「スマート内覧」を利用すれば、これまで調整が出来ずに対応を逃していたお客様も、自由に内覧してもらうことが出来ますね。

今や個人宅だけでなく、こうした不動産管理のシステムの1つとなりつつあるスマートロック。当サイトでは、スマートロックに関する様々な情報を掲載しています。気になっているけど、どれがいいのか分からない方、一体どんなものか知りたい方など、ぜひ参考にしていただければと思います。

不動産関連の記事はコチラでチェック!