いまさら聞けないIoTとは?あらゆるものがスマホとつながるメリット

近ごろ、IoTという言葉をさまざまな場面で耳にする機械が増えてきましたが、実際のところ、その意味や実態などについてはあまり知られていないのではないでしょうか。

今回は、いまさら聞けないIoTについて基本的な知識や、IoTを推進するうえでのメリット、なぜ注目が集まっているのかなどについて、わかりやすく解説いたします。

IoTとは?

そもそも「IoT(Internet of Things)」とは、日本語に直訳すると「モノのインターネット化」という意味になるのですが、この説明だけではあまりピンとこない方も多いのではないでしょうか。

簡単に言うと、あらゆるモノに対してさまざまな精密センサーを取り付けることで、そのモノの位置情報や電池残量などの製品に関する情報を、インターネット経由で遠隔から把握、操作できるようになるシステムのことです。

モノがインターネットに接続しているわけですから、たとえば、スマートフォンやタブレットなどのデジタルデバイスを用いることで、遠隔からIoT製品を操作、制御することも可能になります。

近ごろでは、こうしたIoTの技術を活用することで、暮らしにおけるさまざまな課題の解決や利便性の向上に役立てようという試みが盛んになっています。

IoTに必要な要素

IoTを構成する要素としては、主に以下の4つの要素が挙げられますが、それぞれ順を追って見ていきましょう。

ネットワーク

まず最初に必要となってくるのが利用場所におけるネットワークの環境です。

IoTの仕組みとして、モノをネットワークに接続させることで便利な機能を発揮することができるというシステムとなっているため、当然のことながら利用場所におけるインターネットの環境がまずは前提となります。

モノ

インターネットの次は接続の対象となるモノ本体です。

ここで言うモノとは、自宅やオフィスに設置してある照明やエアコン、冷蔵庫や洗濯機から果てはガスの元栓にいたるまで、物理的に接続が可能なモノであれば、ありとあらゆる製品がIoTの対象となると言えるでしょう。

センサー

次は外部からの情報を感知するセンサーに関してです。

人間の音声によってモノをコントロールするスマートスピーカーの場合であれば、音声をキャッチするセンサーと、キャッチした情報を処理するためのCPUが、モノ本体に搭載されている必要があります。

アプリケーション

最後は、センサーから受け取った情報を人間が制御できるようにするためのアプリケーションについてです。

多くの場合は、スマートフォンやタブレットなどのデジタルデバイスから、専用のアプリケーションを介してモノを制御できるような仕組みとなっています。

アプリケーションの設計やUI(ユーザーが実際に操作する画面などのこと)の作り込みが甘かったりすると、製品として十分に機能しない場合があるため、こちらも非常に大切な要素のひとつと言えるでしょう。

IoTは何故注目されているのか

さまざまな業界分野で注目を集めるようになったIoTの技術ですが、その背景としては、日本の抱える少子高齢化と生産労働人口の減少という深刻な問題が挙げられるでしょう。

大半のビジネスにおいては、企業間での競争はますます激化する一方で、生産労働人口はそれと反比例するように年々減少傾向にあるのが事実です。

そうした熾烈な競争を生き残るうえでも、IoTの活用による特定業務の自動化や生産性の向上などは必要不可欠な取り組みであると言え、IoTのビジネス活用が盛んに行われるようになりました。

また昨今では、センサーの小型化や無線通信技術の発達、AIやクラウドサービスなどの先端技術の参入など、テクノロジーの進化によるところもIoT普及の大きな要因のひとつとして挙げられるでしょう。

IoTとスマホの関係性

スマートフォンからモノをコントロールすることができるIoT製品は数多く存在します。

有名なところで言えば、Amazonの開発する「Amazon Echo」や、Googleが提供する「Google Home」などは、家中の家電を音声やスマートフォン経由でコントロールすることができるスマートスピーカーとして近年では人気を博しています。

また最近では、鍵の解施錠を遠隔で行うことができる「スマートロック」といったIoT製品や、照明のオンオフを遠隔で操作することができる「スマートライト」といったプロダクトも注目度が高まっているようです。

IoTであらゆるモノがスマホとつながるメリット

IoT化が進み、様々なモノがスマホと連携することで得られる具体的メリットについて、ご紹介していきます。

時間や場所を選ばない

IoTをリモートワークや在宅勤務などにおいて活用する場合には、時間や場所を選ばず、遠隔で操作ができるようになるため、業務全体の効率化や生産性の向上などを見込むことができます。

特定業務の自動化

IoTを活用することによって、遠く離れたモノの場合でもリアルタイムに状態をモニタリングすることができるため、それに即したプログラムなどを組み込むことで特定の業務の自動化が実現できます。

ヒューマンエラーの防止

IoTを活用した機械による自動業務が可能になることで、人為的なミスであるヒューマンエラーを防ぐことができるため、危険な現場での作業やミスが発生しやすい業務への活用が期待できます。

働き方改革の後押し

IoTの自動業務によって、人間の関与する業務負荷が必然的に減少するため、労働時間の短縮や長時間残業の解消など、労働環境の改善や働き方改革への効果も期待することができるでしょう。

まとめ

スマートデバイスなどの普及にともなって、私たちの暮らしのなかでもより一段と身近な存在となりつつあるIoTの技術ですが、ビジネスの現場においてはIoTの活用による業務の効率化が最も重要なキーワードのひとつとなっています。

技術革新による新たな活用シーンの発掘など、今後もIoTの技術発展はますます続いていく分野となるため、私たち一人ひとりが時代の流れにしっかりとアンテナを張り、社会全体におけるテクノロジーリテラシーを向上させていく必要があるでしょう。