新登場の「Qrio Lock」でライフスタイルをもっと自由に

2018年7月19日、世界的な電気メーカー、ソニーグループの子会社Qrio株式会社(東京都渋谷区)は、最新型スマートロック「Qrio Lock(キュリオ ロック)」を販売開始しました。このQrio Lock、今までにない便利な機能が備わっています!鍵のハンズフリー化を実現する、Qrio Lockの新しい機能とは一体何なのでしょうか。その魅力を調べてみました。

Qrio Lockとは?

今回登場した「Qrio Lock(キュリオ ロック)」は、2015年8月に発売された「Qrio Smart Lock(キュリオスマートロック)」の後継機といえるサービスです。元々Qrioシリーズは、ソニーグループの技術を集めて開発された、安全で安心できるスマートロックです。こちらはBluetoothでスマートロック本体とスマートフォンをつなげ、玄関扉をスマートフォンで解錠・施錠することができます。

関連記事:「Qrio Smart lock」が選ばれる理由は、操作性のシンプルさにあった!

「Qrio Lock」の特徴

スマートフォンで自宅ドアの解施錠

スマートフォンアプリを起動し、鍵の施錠・解錠を可能にします。面倒な鍵の出し入れの必要がなくなります。

合鍵を発行してシェア

スマートフォンアプリで合鍵の共有が出来ます。家族や知人も利用できる便利な合鍵が簡単に作成できます。アプリケーション管理のため、一時的に発行する合鍵の作成も簡単に出来ます。また、「Qrio Lock」専用オプションとして、スマートフォンをお持ちでない方のためにも、ボタン操作だけで簡単に使えるリモコン「Qrio Key」も2018年8月に発売予定です。小さなお子様や高齢の方でも簡単にご利用できます。

自宅ドアの施錠・解錠操作の履歴が表示

スマートフォンのアプリケーションに鍵の施錠・解錠操作の履歴が残ります。誰が何時に施錠・解錠したのかも履歴として残ります。

工事不要で簡単に取り付けられる

取り付けは付属の両面テープで貼り付けるだけです。ドアに穴を開ける事も電気工事も必要ありません。ドアに付いている鍵の形状が「ドア付きタイプ」・「面付き箱鍵タイプ」・「プッシュプル錠タイプ」であれば施行可能です。しかし、「ドアノブ付きタイプ」は取り付け不可能ですのでご注意ください。

「Qrio Hub」と組み合わせて遠隔操作

鍵の締め忘れや。急なお客様を自宅に招き入れる際に「Qrio Hub」と組み合わせる事で遠隔操作を可能にします。このQrio Hubと連動する事で、インターネットを介してQrioシリーズを操作する事が可能になります。

またQrio Lockの操作情報が、スマートフォンに通知されるので、いつ、誰が鍵を開け閉めしたのかがわかります。小さなお子様や、高齢の方がいる家庭では、とても便利な機能ですね。

関連記事:Qrioの『カギカン』で鍵管理システムを簡単に!

Qrio Lockに加わった新たな機能

「Qrio Smart Lock」では、アプリ操作から施錠・解錠動作に数秒の待機時間が発生していたのですが、アプリ操作で即時動作するようにレスポンスが改善されました。また、帰宅時にスマートフォンを持って自宅ドアに近づくだけで、鍵を解錠する機能も追加。このハンズフリー解錠で、アプリケーションを動作する手間が省け、両手に荷物を抱えて帰宅する際にも、この機能があればストレスなく家に入ることができ、とても便利です。

更にQrio Lockではオートロックも実装され、ドアが閉まれば自動で施錠してくれます。これにより鍵の閉め忘れもなく、外出がスムーズになるほか、Qrio Lockに搭載されたドアセンサーが、ドアの開閉状態を検知できるようになりました。

新しい「Qrio Lock」では、ハンズフリー解錠とオートロックによって、ストレスなく鍵の開け閉めができる『鍵のハンズフリー化』を実現しました。

関連記事:子どもの帰宅をLINEでお知らせ!Qrioの「ただいまキット」で子どもが一人で帰っても安心

まとめ

Qrio Lockの大きな特徴は、徹底したハンズフリー化と、Qrio Hubとの連動による情報管理にあると言えます。鍵のストレスをなくし家族の安全を守る。いままでの鍵になかった機能がそれを可能にしています。特別な工事も必要なく簡単に設置でき、安価で導入できるよう、お求めやすい価格設定になっています。

利用用途はさまざまで、シェアハウスの入退出管理のほか、小さなお子様のいる共働き世帯では、お子様の帰宅をスマートフォンで確認できるようになります。このQrio Lockは、安全で快適なスマートロックをお探しの方に、オススメの一台かもしれません。

このほかQrioの記事はコチラ