置き配バッグOKIPPAに、Yperが盗難対策補償を無料で提供!

最近では、新型コロナウイルスの影響もあり、非対面での荷物の受け取りができる『置き配』や『宅配ボックス』の利用が増えてきています。しかし、それと同時に置き配による盗難事件も世界各地で増加傾向にあるのも事実です。

そうした中、Yperが置き配バッグ『OKIPPA』のユーザーに対し、盗難対策補償を無料で行うことを発表しました。置き配の需要や、盗難のリスク、盗難対策補償等について解説してまいります。

賃貸マンションには小さく折りたためる宅配バッグ『OKIPPA』がおすすめ!

置き配とは

そもそも置き配とは何ぞやというところの解説をすると、簡単に言えば、受取人が指定した場所に宅配業者が荷物を置いて『配達完了』とするサービスのことです。これにより受取人側が宅配業者と顔を合わせることなく荷物を受け取ることができることや、宅配業者側としても近年社会問題ともされている『再配達問題』の軽減につながるとされています。

郵便局もコロナ対策で『置き配』を開始!置き配のメリットやデメリットとは

置き配の需要は今後さらに拡大

新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあってか、こうした置き配の需要はさらに拡大していくと予想されています。そもそも置き配のサービスを開始したのは、Amazonで、Amazonからの宅配物を受け取るときに『置き配』を選択し、置き場所を指定することで利用できるものでした。そのため、各宅配業者が置き配サービスを行っていたというわけではなかったのです。

しかし、最近になってから、各配送業者も置き配サービスを開始し、もちろんAmazonからの宅配物だけでなく、その他の宅配物にかんしても置き配サービスが利用できるようになりました。

各配送業者に申請が必要な場合も

しかし、宅配物によっては、人からのいただきものであったり、そもそも荷物の注文時に『置き配』を選択する部分がなかったりと、どのように利用すればよいのかわからない場合もあるでしょう。

この、置き配を利用するには、各配送業者に置き場所の指定等で申請を行わなければならない場合があります。またオートロックの場合などは自宅にいなければならない可能性が高いですので住宅タイプもよく見てから利用できるか検討するのが良いかもしれませんね。

各配送業者ごとの置き配の利用の仕方については下記の記事で詳しく解説しておりますのでご覧ください。

置き配を利用するときの注意点と、各宅配業者ごとの利用方法について

置き配バッグOKIPPAに盗難対策補償を無料で

しかし、一見便利に見える置き配サービスも思わぬところに落とし穴があるものです。それは、置き配の場合、そのまま玄関先等に荷物を置きっぱなしにするわけですので盗難のリスクが常に付きまとうということです。

実際に、アメリカでは今回の新型コロナウイルスの感染拡大の影響により置き配の需要が増えたといいますが、それに伴い置き配の盗難の相談件数も増えたといいます。

置き配の盗難問題について

置き配での盗難問題は世界各地で話題になっておりますが、日本でも少なくありません。実際に、愛知県警によると、4月に寄せられた置き配の窃盗被害相談は少なくとも12件で、2月(3件)、3月(8件)と比べて増加。置き配は、そのまま荷物を置きっぱなしにするというその特徴から、配達物が届かないだけなのか、盗まれたのか判別しにくいケースも多いという難点もあります。防犯カメラでも設置していなければ犯人を特定したり、荷物を取り返すことはほぼ難しいかもしれません。

また、国民生活センターによると、大阪府内でも4月上旬、置き配を狙った盗難が疑われる相談が2件ありました。このうち、府内在住の30代男性は大手インターネット通販で消毒液を購入し宅配業者から『自宅前に消毒液を置いた』と連絡を受けたが、帰宅すると商品はなかったといいます。

置き配に利用できるOKIPPA

その点、置き配では荷物を入れる専用の置き配バッグなどを利用することで荷物の目隠しをしたりすることができます。中でもOKIPPAは置き配に特化した置き配バッグであるとも言え、小さく折りたたんで収納したり、簡単に出しいれができたりすることから、戸建て住宅、集合住宅、規模の大小問わずどこでも利用がしやすいのが特徴です。

盗難対策補償について

この、置き配バッグOKIPPAを提供するYper株式会社は、置き配の需要増加と、盗難防止の観点から、ユーザーが安心して利用できるよう。OKIPPAをすべての利用者に向けて万が一の置き配の盗難を補償する『盗難サポート』の無料提供を7月29日より正式に開始いたしました。

Yperでは2018年7月より、東京海上日動株式会社と共同開発した置き配保険™を、30日100円の費用で上限3万円の補償が受けられる任意加入のプレミアムプランとして提供しています。しかし、新型コロナウイルス感染症対策の新しい生活様式として、非対面配送や置き配が一気に普及し、同時に置き配時の盗難が社会問題化したことで、消費者の不安は増しているということから、今回のサービス開始に踏み切ったといいます。

盗難サポートの加入費用は無料で、OKIPPAアプリとOKIPPAバッグの連動を行うことで配送状況や追跡などもできます

万が一盗難が発生し、補償の申し込みを行う際には、アプリより警察に届け出た盗難届の写しの提出および、盗難現場の画像提出を行うことで、補償サービスを受けることができるようになります。

OKIPPA詳細ページ

置き配での盗難防止対策なら宅配ボックスの利用も

ただ、置き配を利用するにあたって、簡易バッグではなかなか不安がぬぐえないという方もいらっしゃるでしょう。特に、簡易バッグの場合は、アパートやマンションなどの集合住宅では、幅を取らないため重宝できるものの、戸建て住宅などでは簡易的なモノよりはボックスを設置するほうが盗難対策としては頑丈です。

宅配ボックスではIoT宅配ボックスといってスマホと宅配ボックスを連携できることで、荷物の配送状況はもちろんのこと、荷物の中身を随時カメラで確認できたりするタイプも存在します。

また、施解錠方式がスマホでロックができるものや、指紋認証でロックができるもの、ダイヤル式のものなど様々あり、そもそも鍵を開けられなくするというところから盗難防止対策を行うこともできるのです。

置き配での宅配ボックスの利用については下記の記事で詳しく解説しておりますのでご覧ください。

置き配で宅配ボックスを利用するときの注意点とおすすめの宅配ボックス

まとめ

2020年3月31日に実施された、第五回置き配検討会では、消防法において、宅配物など避難の支障とならない少量の私物を暫定的に置く場合、消防法違反にはならないという見解が発表されたことから、今年はさらに置き配が普及すると考えられます。

更に、新型コロナウイルスの感染拡大により非対面・非接触の生活様式が推奨されていることも、置き配の需要を拡大させている要因として説明するには十分です。

とはいえ、荷物を置きっぱなしにするわけですから当然盗難のリスクは倍増してしまうものです。OKIPPAを利用している方は今回ご紹介した盗難防止対策の補償サービスを受けてみてはいかがでしょうか。

関連タグ