オフィスのスマートロックならAkerunがおすすめ!

オフィスのスマート化の一環として、スマートロックの導入を考えている企業様も多いのではないでしょうか。特にスマートロックは現在後付けができるものや、時間帯を決めて一定の時間だけ鍵を譲渡できるシステムなどが搭載されたもの、インターネット上で管理ができるIoTを搭載したものなどがあり、オフィス向けの商品も多数あります。

その中でも、オフィスへのスマートロック導入にお勧めしたいのが『Akerun』です。

今回は、オフィスにお勧めの『Akerun』と、オフィスにスマートロックを導入する際に見ておきたい基準について詳しくご説明いたします。

『Akerun』のここがすごい

オフィスでは、会議室の貸し出し、勤怠管理など、様々な業務がありますよね。それらの業務をAkerunがさらにスマートにしてくれます。まずは、Akerunのオフィスにピッタリの特徴から解説していきます。

社員の入退出管理を簡単に

オフィスでは、会議室の貸し出しなどの際、鍵を手渡しで渡したところから、返却までのすべてを管理する役目をもつ社員が一人はいなければなりません。また、その役目を受け持った社員が公休をとっていた場合、物理的な鍵であれば、責任者のみに渡すとはいえ、複数の従業員に複製した鍵を渡すことになりますので、紛失や盗難のリスクも高まってしまいます。しかし、『Akerun入退室管理システム』なら、いつでもどこでもリアルタイムで時間帯・曜日を指定した鍵をスタッフに発行することが可能で、例えば、パート・アルバイトの一時利用の際にも活用することができるので安心です。スタッフが増えるたびに物理的な合鍵やカードキーを発注する必要がなくなるので、コスト削減にもつながります。

後付けも可能

近年続々と登場している賃貸向けのスマートロックなどにもありますが、Akerunもそれらと同様に後付けができるタイプのスマートロックになります。大掛かりな工事を必要とせずに簡単に取り付けを行うことができますので安心です。

オフィスが賃貸であるという企業様も少なくないかと思いますので、穴あけ工事などが必要なくしっかりと取り付けられるのはうれしいですね。もちろん穴あけ工事なども行いませんので、オフィス移転の際などにも原状回復工事の対象とはなりません。

多数のデバイスで施錠・開錠が可能

Akerunは、社員のスマホやICカードを登録することで、それらのデバイスから簡単に施錠・開錠を行うことが可能です。スマートフォンの場合は、スマートフォン専用のアプリを利用して、端末情報を登録することで開錠施錠が可能になりますので、物理的な鍵を持ち歩いたり管理したりする必要がなくなります。鍵管理のセキュリティも向上するといえるでしょう。

一方NFC対応ICカードであれば、スマートフォンを持っていない方にも解錠権限を付与することができます。設置した「NFCリーダー」にカードをかざすことで施錠・開錠を行うことができます。交通系ICカード(SuicaやPasmoなど)や、NFC対応であれば社員証も登録可能です。スマートフォンをお持ちの方なら2つの解錠方法を持つことが出来ます。

様々なサービスと連携ができる

また、Akerunは企業でよく利用するメールやチャットツールなどのサービスとAPI連携をすることが可能です。API連携とは、API(アプリケーション プログラム インターフェイス)を利用して自社のシステムと他社のシステムとを連携したり、外部サービスから一部機能を呼び出したりすることをいい、企業における様々なサービスと連携することで生産性向上が期待できます。

勤怠管理もAkerunで

また、API連携の1つでよく利用されるのが勤怠システムとの連携です。クラウド勤怠管理システムとのAPI連携で、最初の入室時間と最後の退室時間が打刻情報として自動で記録されます。例えば、カード運用であればカードリーダーにカードをかざした時間が登録されるので、より正確な出社・退社時刻が把握できます。タイムカード打刻や手動打刻の必要がなくなり、労務管理の工数を大幅に削減することが可能です。

オフィスのスマートロックの選び方

なぜ、Akerunがオフィスのスマートロックにお勧めかといいますと、オフィスのスマートロックを選ぶ際に重要な点をすべてクリアしているからです。

オフィスのスマートロック選びで重視する点は下記の4点になります。

①セキュリティ性

②利便性

③初期費用

④工事の有無

①セキュリティ性

まず、オフィスにはお客様の個人情報などを多く取り扱っている場合などがありますので、セキュリティの安全性は特に重視しなければなりません。暗証番号で開錠・施錠をおこなうタイプは汎用的なだけあって低コストな場合が多いですが、暗証番号の盗み見や、指紋の跡から推測されるなどの危険性があります。ICカードや社員証、スマホなどで開錠・施錠が行えるタイプや生体認証などであればセキュリティ性が高いです。

②利便性

使用する人や管理する人の使いやすさも重要な指標です。管理面が煩雑にならないような、スマートな入退室管理システムを選びましょう。

③初期費用

多くの場合、スマートロックの導入には初期費用や工事費用が掛かってきます。しかし、Akernは初期費用無料で、比較的低コストに導入できますので安心です。

費用面がネックで導入を検討している企業様などは初期費用が無料のスマートロックを選ぶとよいですよ。

④工事の有無

オフィスの建物自体が自社の持ちものであれば問題ありませんが、賃貸ビルなどですと、穴あけ工事をした場合退去の際に原状回復費用を支払わなければならない可能性があります。これは賃貸住宅と同じで、穴をあけた部分を元通りにする作業のことで、それに伴い支払うお金が発生するというものです。

ですので、賃貸ビルにオフィスおを構えている方は、工事が必要ない張り付けるタイプのスマートロックを選択するとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、オフィスにお勧めのスマートロックAkerunと、オフィスへのスマートロック導入の際の選択基準についてご説明しました。オフィスは特に従業員や面接の方などを含め多くの人が出入りする上に、個人情報をとりあつう場所でもありますので、特にセキュリティには注意しなければなりません。

また、従業員の人数が増えるごとに鍵の管理や勤怠の管理などの役目を担っているかたは重荷になってしまう可能性もあります。入退室管理システムなどは、何か事件があったり、必要に迫られたりして導入する企業様も多いですが、上手に活用すれば、運用者にとって時間的コストも削減できる非常に優れたシステムでもあります。Akerunは初期費用も無料で導入しやすいスマートロックでもありますので、ぜひ導入してみてはいかがでしょうか。

オフィスへのスマートロック導入をご検討中の方、ご興味のある方はぜひ一度弊社までお問い合わせくださいませ。

 

関連タグ