民泊のスマートロックは暗証番号で管理可能な『L!NKEY』が便利

今年2020年はオリンピックイヤーということもあり、日本には多くの外国人観光客が訪れることが予想されています。そこで、外国人観光客の方々が多く利用することになるのがゲストハウスなどの『民泊』です。

ところが、民泊を運営しゲストに物件を貸し出すときに不便に感じてしまうのが鍵の受け渡しなのではないでしょうか。というのもゲストが来る時間はそれぞれで違いますし、新しいゲストが来るたびに直接鍵を渡すために予定を合わせるのは困難だからです。更にオリンピック開催時のような予約が殺到する時期は猶更でしょう。

そんな民泊運営者におすすめの画期的なシステムがあります。その内容は下記でお伝えしていきます。

そもそも民泊における鍵問題はどんなことがあるの?

そもそもの話ですが、民泊における鍵問題といえば予定を合わせる困難さから、鍵の受け渡しを仲介業者に委託した際の費用問題等があげられます。

そのうえ、『鍵』という物質的なものを共有している以上、ゲストが紛失してしまったり、悪意を持って鍵を複製されてしまうなどというトラブルを防ぐことはできません。

そこで重宝するのが、鍵の受け渡しをなくし暗証番号で管理することでトラブルのリスクを最小限に抑えることが可能な『スマートロック』です。

『L!NKEY』が民泊に重宝される理由

遠隔で鍵の管理ができることで、民泊運営に適しているとされているのが、株式会社UMEとサムスン電子が共同開発した『L!NKEY』というスマートロックです。

ゲストが予約すると予約期間のみ利用可能な『暗証番号』が発行されますので、暗証番号をゲストに通知するだけで鍵のやり取りを完了させることができます。

そうすることで煩雑な鍵の受け渡しや、外国人観光客に日本の専用アプリのインストールをしてもらう必要もありません。

ここからは『L!NKEY』について詳しくご説明していきたいと思います。

無人で遠隔管理できるネットワーク対応型

『L!NKEY』はネットワークにつながる、いわゆるIoTデバイスです。専用の管理画面では宿泊ゲストやクリーニング業者の入退室時間の管理や確認が可能なので、運営者は民泊施設に常駐する必要がありません。そのうえ、『遠隔開閉』、『スケジュール管理』、『暗証番号変更』等も専用の管理画面から遠隔で操作ができますので入退出のトラブルにも迅速に対応することができます。

暗証番号だけでチェックイン

また、『L!NKEY』は鍵やICカードなどが必要なく暗証番号さえあればゲストはチェックインをすることが可能です。

特に今夏のオリンピック開催時は世界各国から多くの宿泊ゲストが訪れることが予想されます。その宿泊ゲストの中にはもちろん日本語がわからない方もたくさんいらっしゃるでしょう。鍵やカード、スマホ等でのチェックインの場合、鍵の受け渡しの約束およびアプリ等の方法説明には相当な労力を必要としてしまうことになりかねません。

一方『L!NKEY』は滞在中に鍵やスマホを介さずに『暗証番号』だけで簡単にシェアできる上に、紛失の心配もなく自由に行動できるため、宿泊ゲストの満足度向上につなげることができるでしょう。

ドアの穴あけ工事無し

更に『L!NKEY』はドアにアナを開けずに既存のシリンダーに固定する後付けタイプのスマートロックになります。ドアを傷つけずに取り付け、取り外しが可能なうえに、大規模な工事が必要ないために民泊の営業を一時停止する必要もありません。

上記にご紹介した、『無人で遠隔管理できるネットワーク対応型であること』、『暗証番号だけでチェックインすることができること』、『穴あけ工事が必要ないこと』の、主に3点が、『L!NKEY』が民泊におけるスマートロックとして人気である理由です。

オリンピック開催時は民泊利用者急増

今年2020年に政府が掲げている目標外国人観光客数は4000万人です。現在はコロナウイルスの関係で、旅行者は減少傾向にあるかと思いますが、オリンピックが開催される際には自国の選手の応援に来日する予定の方もいるでしょうから、もちろんホテルや民泊の需要が拡大します。

オリンピックの話ではありませんが、2018年12月に福岡県で日本のアーティスト『嵐』と『EXILE』のコンサートが重なった際、会場周辺のホテルにまったく空きがなくなってしまい政府が特例を出した例もありました。特例とは『行政の審査によって民泊が運営できる住宅であると認められれば、旅館業法の許可がなくても民泊を運営することができる』という、いわゆる『イベント民泊』というものです。

オリンピック開催時は日本の観光客に限らず世界各地から観光客が訪れますので、こうした政策も再度取られる可能性もあります。

合わせて鍵の受け渡しなどの対応も迫られてくることが予想されますので、民泊運営者や、イベント民泊の運営を考えている方は『L!NKEY』などのスマートロックを導入するなど対策を取っておくと良いでしょう。

特にイベント民泊を考えている方は、『L!NKEY』であれば取り外しも簡単ですので一定の期間が終われば元の形に戻すことも可能ですので気軽に取り付けられるかもしれません。

まとめ

スマートロックと一言にいってもICカードで開錠するもの、スマホで開錠するもの等様々です。一般家庭に取り付けるスマートロックであれば、スマホやICカードも非常に便利なのですが、やはり民泊となると鍵の受け渡しやアプリの使い方などのレクチャーが必要になってきます。

その点『L!NKEY』は暗証番号を共有するだけで非対面でチェックインをしてもらうことが可能になりますので非常に便利です。更に、ネットワークにつながったIoTデバイスですので遠隔地からでもしっかり入退出の管理をすることもできます。

セキュリティ面も利便性も、兼ね備えているのが『L!NKEY』が民泊に選ばれる理由です。

スマ六ロッカーではスマートロックや宅配ボックスなどについてのお問い合わせも受け付けておりますのでご興味のある方はぜひ弊社までお問い合わせください。

関連タグ