【日本初!】電柱に宅配ロッカー!?関西電力が行なう試験運用とは?

全国的に大きな課題となっている、宅配便の再配達問題。これを解消するために、現在さまざまな企業が「宅配ボックス/宅配ロッカー」を使った対策を講じています。そして今回関西電力株式会社が大手宅配ボックスメーカーと協力して、なんと電柱に宅配ロッカーを設置する「電柱吊宅配ロッカーサービス」の試験運用を開始することを発表しました。

全国で初めての試みとなる、電柱への宅配ロッカー設置には、どういった仕組みがあるのでしょうか。

宅配ロッカーを電柱に取り付ける試み

近年、再配達問題解消に向けて、マンションなどでも宅配ボックスの設置を始めるところが増えてきました。しかしマンション向け宅配ボックス(宅配ロッカー)の場合、設置場所や電源の確保など多くの課題があり、既設の建物に後から設置できないといった事象が発生しています。

そこで今回の取り組みとして、マンションの近くの電柱に取り付けることで、電源や設置場所といった課題の解決、さらには再配達の軽減につながると見込まれています。なお関西電力と協力をしているのは、大手宅配ロッカーメーカーの株式会社フルタイムシステムと、株式会社日本ネットワークサービスです。

再配達を減らすため、環境省が取り組む「COOL CHOICE」とは?

コンテストで生まれたアイデア!

今回行なわれる試験運用は、もともと関西電力がオープンイノベーションの取り組みとして、2016年11月~12月にかけて開催した「Dentune(デンチューン)!! –電柱の新たな未来–」がキッカケです。電柱を活用したビジネスアイデアを募集したこのコンテストで集まったアイデアをもとに、発想を得て施行されることになりました。

関西電力管内にある電柱の数は約270万本あり、利用者の利便性などを考慮して事業化を検討していくとのこと。

スタートは京都府精華町内の3つのマンション

関西電力を中心にフルタイムシステム・日本ネットワークサポートが連携し、京都府精華町、ヤマト運輸株式会社、佐川急便株式会社、日本郵便株式会社の協力のもと、今回の試験運用が実施されます。

設置する場所は、京都府精華町内にある3箇所のマンションで、敷地内および敷地に隣接する歩道上に設置されている電柱に、フルタイムシステムが電柱吊専用に開発した宅配ロッカーを設置します。その際に、日本ネットワークサポート製の専用支持具を使います。

宅配ロッカーは会員登録制で、該当のマンションの住人のみ登録が可能。宅配ロッカーに荷物が届くとメールが届くので、暗証番号か交通系ICカードで解錠します。

まとめ

まさか電柱に宅配ロッカーを設置するとは思いませんでしたね。

電柱であれば「どこにでもある」「電源もある」「配達場所として明確」と、3つの要素を兼ね備えていると担当者は話しています。確かに新しく設置のための場所を確保する必要もないので、設置に時間をかけることもありませんね。

この試行は、2018年11月1日から2019年3月15日まで実施されます。お客様の利用回数などを集計していき、その結果を踏まえてサービスの事業化を検討していくとのことです。

宅配ボックス情報はコチラ