賃貸に宅配ボックスを設置するメリット・デメリット

ネットショッピングやフリマアプリが一般的になった昨今。家の人が不在でも、宅配ボックスなどに荷物を入れてお届けする「置き配」が増えています。特にこの頃はコロナウイルス対策として、非対面での受け取りの需要が高まっています。

置き配は受取人が不在の時でも、指定された場所に配達が可能で、受け取りに際してサインも必要ありません。宅配ボックスや置き配バッグなど、あらかじめ指定した場所に対面なしでお届けされます。一人一人のライフスタイルに合った荷物の受け取りが可能となりますが、利用するには宅配ボックスなどの設置が必要となります。今回は置き配のメリット・デメリットや、それぞれの住宅に合った宅配ボックスについて紹介していきます。

賃貸住宅に宅配ボックスを設置するメリット

近年ではインターネットの普及により、パソコンやスマホからお手軽にネットショップやフリマアプリを利用できるようになりました。とても便利な反面で、荷物受け取りの際には自宅で待機している必要があります。学校や仕事があると、指定の時間に家へ戻るのが大変だという人も少なくありません。そこで注目されているのが、対面ではなくても受け取り可能な宅配ボックスです。

宅配ボックスはマンションやアパートといった集合賃貸物件に設置されていることが多く、基本的に鍵がつけられています。原則として利用者以外には受け取れないようになっているので、安心ですね。賃貸物件に宅配ボックスを設置するメリットには、以下のような事柄が挙げられます。

不在時も荷物が受け取れる

家に受取人がいないタイミングでも荷物が受け取れます。受取人が在宅時にも直接対面せず、宅配ボックスに入れてもらうことも可能なので、コロナウイルス対策としてなるべく人との接触を避けたい時にもおすすめですよ。日頃からネットショッピングやフリマアプリを使う人、日中留守にしやすい人には欠かせないサービスと言えるでしょう。

 夜でも荷物が受け取れる

最近のネットショッピングでは、申し込んだ当日に荷物が届くことがあります。午前中に荷物を頼み、届くのは翌日だろうから夜に出かけて帰ってくると、ポストに不在伝票が入っていたというケースはありませんか?そんな時も置き配は安心です。置き配に対応しているサービスには、夜間配達に対応しているサービスもあります。もちろん対面で受け取る必要はないので安心してください。

再配達手配が不要

対面の受け取りが必要な配達だと、不在時に荷物が届いた場合には、再配達手配をしないといけませんよね。その手配の手間を面倒に感じてしまう人も、少なくありません。宅配ボックスなら荷物をボックスに入れておいてくれるので、再配達手配の手間が必要なくなりますよ。

便利な置き配ですが、利用に際しては宅配ボックスなどの設置が欠かせません。戸建て住宅ならお手軽に後付けすることも可能ですが、賃貸物件の場合は基本的に家主の許可が必要となります。勝手に設置はできないので、置き配を利用したいと思った時には、まずお住まいの賃貸物件のオーナーに宅配ボックス設置の検討を頼みましょう。

宅配ボックスには設置コストがかかりますが、置き配サービスの需要は今後さらに高まっていく予想がされています。そのため物件の人気・競争力アップに繋がる可能性もあります。こういった事柄も含めて、オーナーに宅配ボックス設置をオススメしてみてはいかがでしょうか。

賃貸住宅に宅配ボックスを設置するデメリット

便利な宅配ボックスですが、同時にデメリットも存在します。以下のような事柄には注意してください。

受け取れる個数・サイズに制限がある

基本的に宅配ボックスは、ボックスに入りきらないサイズや個数の荷物には対応できません。戸建て住宅ならサイズにもバリエーションがあり、自宅に合ったサイズを選ぶことが可能です。しかし賃貸物件の場合はスペースの関係上、サイズが制限されてしまいがちになってしまいます。

一部受け取れない荷物がある

冷凍・冷蔵が必要な生ものは宅配ボックスに入れないようにと、どの宅配業者でも共通しています。そのため冷凍・冷蔵が必要な食材などは、置き配では基本的にお届けが難しいでしょう。また貴重品や現金なども、宅配ボックスでは利用できません。これらの荷物は直接受け取る必要があります。

管理費、設置費が掛かる

最新型の宅配ボックスを利用するとなると、設置・維持に費用が発生します。導入費用、管理費用、修理費、清掃費用など、年間で相当なお金が掛かることになるでしょう。賃貸物件では最新型のオンライン宅配ボックスなども普及していますが、利便性が高い反面で管理費も比例するのが一般的な特徴です。

賃貸住宅にお勧めの宅配ボックス

宅配ボックスには複数の種類があります。大まかに賃貸物件用と戸建て住宅用に分類されるので、それぞれの物件に適したものを選びましょう。

賃貸物件用

ダイヤル式

ダイヤル式の宅配ボックスは、いわゆる初期タイプの宅配ボックスです。箱の扉に3~4桁のダイヤルがついており、ドライバーはボックスに荷物を入れると、その場で決めた暗証番号を入力します。箱番号と暗証番号は配達通知書として作成され、受取人のポストに投函されます。オーソドックスなタイプなので、宅配ボックスというとこのタイプを連想する人も多いのではないでしょうか。帰宅した受取人がダイヤルに番号を入力すれば、荷物の取り出しが可能となります。

電子式

電子式は近年人気の高いタイプの宅配ボックスです。宅配ボックスに液晶画面が設置されていて、ドライバーは音声指示に従って手順通りに荷物を入れ、配達通知書をポストに投函します。固定暗証番号は部屋ごとに定められているので、受取人はその番号を使用して荷物が受け取れる仕組みとなっています。

まとめ

置き配や宅配ボックスは、ライフスタイルの多様化が進みネットショッピングやフリマアプリが増えた現代において、非常に便利なサービスです。戸建て住宅のみならず、賃貸物件でも宅配ボックスの設置件数が増えています。宅配ボックスがあると荷物の受け取りに便利ですが、同時に費用面でのコストが発生したり、生ものや現金などの受け取りができなかったりすることも覚えておきましょう。

現在は新型コロナウイルスの影響で、極力人と接触しないライフスタイルが推奨されています。ドライバーと受取人がなるべく接触しないということで、宅配ボックスの需要は高まっています。またドライバー・受取人双方の不安解消にも繋がっているようですね。今後も宅配ボックスのニーズは、ますます高まるのではないかと予想されています。今のうちから宅配ボックス設置を検討して、何かとストレスが多くなりがちな自粛生活を乗り切りましょう。

 

関連タグ