スマートロックは働き方改革に先手!Akerunの入退出管理はこんなに便利

近年では、政府が『働き方改革』を打ち出したのもあり、働き方改革、およびワークライフバランスといった言葉がホットワードとなっています。経営に直接かかわる方の中には、働き方改革を意識してテレワークや時短勤務、それらにかかわるツールの導入を検討している方も多いでしょう。

しかし、そもそも働き方改革とは何ぞや?という方もいらっしゃるはずです。そこで本記事では、働き方改革とはいったい何なのか、そして、働き方改革に必要なツールをご紹介したうえで、その中でも重要である『スマートロック』について解説していきます。

働き方改革とは

そもそも働き方改革とは働き方改革は、昨年2019年4月に政府が施行した『働き方改革関連法案』のことです。一言で言いますと、『いろいろな働き方を選択できるように対応するための改革』ということであり、近年日本が直面している『少子高齢化問題』やそれに伴う『労働力不足』などへの対策として打ち出されました。

女性も高齢者も誰もが働きやすい環境を構築したり、生産性を向上することを目的としています。

働き方改革をする上での留意点

ただ、働き方改革の大目的や概要は上記でお伝えした通りなのですが、働き方改革を実現するには下記の課題があげられます。

・長時間労働

・非正規と正社員の格差

・労働人口不足

働き方改革を実現するには、長時間労働を解消せねばならないし、雇用条件による格差を是正せねばならないし、高齢者や女性の就労も推進せねばならないのです。

働き方改革という制度を取り入れただけでは働き方改革を実現することはできませんので、働き方改革を実現するための様々なシステムの構築、プロセスの明確化を行わなければなりません。

具体的には、長時間労働をなくすにはどのようなことをしなければならないのか、非正規社員と正社員の格差をなくすにはどのような策が必要なのか、人材不足をなくすにはどのようなシステムを構築しなければならないのか、一つ一つの問題点について丁寧にアプローチしていく必要があります。

働き方改革に必要なツール

働き方改革を実現する上では、経営の考え方を変えるだけではなく、働き方改革に有効的なツールを活用することも一つの手です。

これまでの労働環境において、多様な働き方を可能にしたのは紛れもなくクラウド技術の発展であるといっても過言ではないでしょう。クラウドサービスとは簡単に言えばインターネットを介したサービスのことで、インターネット環境があり、その中でデータ等を共有したり利用したりできることで場所を選ばない労働ができるようになりました。新型コロナウイルスの影響で会社に出社できず、テレワークを導入した企業は日本の中小企業のうち約70%にも上るとされておりますが、この突然のテレワークが実現したのもクラウド技術、およびインターネット技術があったからということに他なりません。

身近なものでは保管したデータをブラウザで確認できるgoogleDriveやgoogleカレンダーなどが挙げられます。また働き方改革といった視点では他にも勤怠管理のスマートHRや顧客管理ツールSansanやsalesforceといったサービスは有名ですが、これらは『多様な働き方』に柔軟に対応できるクラウドならではのサービスといえます。

働き方改革にスマートロックがおすすめな理由

今後はインターネットに接続されたクラウド上で、従業員の管理、システムの管理等を行うことで働き方改革がますます促進されていくことが予想されるでしょう。

その中でも、働き方改革を実現するためのインターネットを利用したツールとしてあげられるのが『スマートロック』です。

先ほども申し上げたように、働き方改革を実現する上での弊害としては長時間労働や労働人口の減少があげられます。労働人口が少ないから長時間労働となってしまうのであって、少ない人数で多くの仕事をこなさなければならにのでどこかの作業やコストを削減していく必要があるのです。

そんな中、実は煩雑な作業の一つとしてあげられるのが、会議室の入退出の管理や従業員一人一人の勤怠管理です。従業員全員に会議室の鍵を渡すには、鍵を作るコストも必要ですし、別途入退出の管理については紙媒体等で管理しておかなければなりません。また、1人1人の勤怠管理についても従来のような書き込み式では記入を忘れたり、ヒューマンエラーを及ぼす可能性もあるでしょう。

その点、スマートロックを取り入れることで、会議室等の入退出管理を一元化できるうえに、勤怠管理についてもスマートロックで管理することができるので、煩雑な作業をスマートロックに任せ、これまでこうした管理に充てていた時間を別の作業に充てることができるようになります。ひいては、作業効率化にもつながるでしょう。

Akerunのスマートロックは働き方改革に先手

働き方改革の実現においてスマートロックを導入するのが良いと申し上げましたがその中でも法人の企業への導入がおすすめなのは『Akerun Pro』です。

ここからはAkerun Proについて詳しく解説していきましょう。

Akerun Proは取り付けも簡単

Akerun Proについて簡単に説明すると、サムターン錠に取り付けることで扉を簡単にスマートロック化するデバイスです。Akerun Proの背面は接着テープがついており、下部のギミックをサムターン錠に引っかける形で扉に取り付けるだけで設置することができますので、賃貸のオフィスでも問題なく取り付けることができます。

賃貸のオフィスでは、穴をあけるタイプでのスマートロックを付けてしまいますと、退出するときに原状回復工事を行わなければならなくなる可能性があり、多額の費用が掛かる可能性があります。その点、粘着テープで取り付けることができるAkerunは、場所を選ばず設置することができる優秀なアイテムであるといえるでしょう。

設置したら、解錠と施錠の方向を連携したアプリで設定すれば利用することができます。

法人ユーザーをターゲットにしたAkerun ProはID管理ができる

Akerun Proでは個々のユーザーには、1つのIDが割り当てられ、それぞれ1つの“NFCデバイス”を紐付けられることになっています。FeliCaまたはMifareベースのものであれば何でもよく、例えば通勤に使っているSuicaやPASMOのカードでもいいし、モバイルSuicaのようなスマートフォン内の『ICカード』でも可能です。

オフィスビルによってはビルの入退場に必要なICカードが全従業員に配布されるケースもありますが、ビルや従業員に配られる社員証やIDカードをそのままAkerun ProのNFCデバイスとして登録することもできます。

勤怠管理システムと連携して利用することができる

また、それだけでなく、Akerunは勤怠管理システムと連携して利用することも可能です。仕組みとしては一つ一つのID情報で入退出の履歴を残すことができ、その履歴をもとに勤怠における自動打刻が可能というものです。

それこそ、この勤怠システムと連携できる機能は『改正労働基準法』、いわば働き方改革を推進する中できちんとした勤怠管理の仕組みがない限り労働局の査察をパスできなかったり、個人情報保護法の観点から情報を管理する事務所での入退出を取得することが義務図けていることなどの背景があります。

その点、勤怠管理を簡素化できるAkerun Proは働き方改革の促進に非常に有効的であるといえるでしょう。また、勤怠を管理している従業員の業務も削減することができるので、その時間をほかの業務に充てることで業務効率化につながる可能性もあります。

まとめ

本記事では働き方改革という視点からスマートロックの導入について、そして法人ユーザーにお勧めのスマートロック『Akerun Pro』について解説いたしました。

やはり働き方改革が促進される中で、フリーアドレス化や時差勤務なども容認されてくるようになるでしょうし、そうなってくると勤怠管理や会議室の管理はさらに煩雑になってくることが予想されます。

働き方改革を行う上で逆に業務のしわ寄せが行ってしまう部分があっては意味がありませんのでインターネットを利用したシステムに管理を任せられるところは任せて、効果的に働き方改革を促進していくようにしましょう。

スマロッカーでもスマートロックに関するお問合せをうけつけておりますのでご質問やご興味のある方はぜひお問合せ下さい。

お問い合わせ窓口