『PacPort』がAi(人工知能)を駆使したIoT宅配ボックス開発!諸問題もあっという間に解決?

不在時にも荷物を受け取りたいというニーズに答え、ユーザーと宅配業者の再配達の負担を軽減してくれる宅配ボックス。簡易的なものから次世代型IoT宅配ボックスなど、これまでの記事でも多くの宅配ボックスをご紹介してきました。しかし、既存の宅配ボックスの多くは1つの荷物しか受け取ることが出来ないことや、誤配送の可能性もあるといった心配もあります。

大切な宅配物を守るためにも、外出先からも今どこに荷物があって、いつ届けられた等が可視化できれば安心です。

今回は、ご配送やなりすまし防止に最適な、Aiを搭載したIoT宅配ボックス『PacPort』について解説していきます。

注文から受け取りまでWebでできる『PacPort』とは

株式会社PacPortは昨年2019年9月12日、製品化したスマートボックス『PacPort』を発表するとともにクラウドファンディングサービスMakuakeで先行予約販売を行いました。PacPortは宅配サービスの誤配送、なりすまし受け取りなどの課題を解決し、再配達撲滅を実現化させると同時に、物流業界が書かれる人手不足や再配達問題の緩和に貢献することを目指しています。まずは4つのポイントから見ていきましょう

注文情報をAiで一括管理

複数の通販サイトで宅配物を注文した際、『どこのサイトで頼んだ何がいつとどくのか?』とわからなくなっている方も少なくないのではないでしょうか。PacPortは専用アプリで複数サイトの注文や出荷メールをAiで解析し、自動的に荷物の追跡番号を抽出することで情報を一括管理することができます。また、注文から受け取りまでの状態を自動更新することも可能です。

捺印や著名もデジタルで

また、荷物の投函情報は付随のアプリ上に自動で登録されますので同じ情報は配送業者にも渡されるため、捺印や署名は必要ありません。

2つ以上の荷物の受け取りもOK

同一受取人宛の荷物の場合は、最大3つを受け取ることができます。

投函完了通知が届く

投函が完了した時点で専用アプリに通知が届き、荷物到着をリアルタイムに知ることができるので、外出先からも荷物が届いたことを確認することができます。特に外出していると、今日届くはずの荷物は届いたかなと少し気になってしまうこともありますよね。アプリ1つでその不安もなくなるので非常に便利です。

個人間荷物にも対応

それから、意外にも需要が高いのが個人間荷物の受け渡しにも対応している点です。宅配ボックスはサービス業者からの宅配物を受け取るものというイメージがありますが、『PacPort』はサービス業者を介さない個人間のやり取りも可能です。

専用アプリで複数のボックスを一括で管理

自宅に限らず、職場でも出張先でも専用アプリを使えば複数のボックスがあったとしても一括で管理することができます。

宅配における課題を『PacPort』が解決

物流業界においては、宅配ボックスでの受け渡しができない商品も中にはあるものの、宅配ボックスを設置する前は荷物の再配達率が45%だったものを8%まで下げることができるようになりました。

尤も、『宅配』においてストレスを受けるのは、再配達などで業務過多になっている宅配業者なのですが、受取人も時間指定をしたがいつとどくかわからずに困ってしまったり、子供を寝かしつけたところに玄関のチャイムがなったなどストレスを感じる部分があるようです。

しかし、『PacPort』は宅配ボックスの中に荷物が届いた時点で自動でカメラが画像を撮影し、専用アプリで通知をしてくれるので、いつ何が届いたか、出先からでも確認をすることができます。また、Aiは出荷メールを解析し、自動で追跡番号を抽出して一括管理することも可能です。通常の宅配ボックスは荷物の受け取りだけというものも多いですが、内臓カメラやAi解析等で、荷物が今どこにいて、いつつくのかというのを可視化できれば非常に安心なのではないでしょうか。

Makuakeで購入型クラウドファンディング募集を始めた戸建て住宅向けの『PacPort-PP01A』は、利用者宅のWi-Fiに接続して稼働するもので、今後は集合住宅向け製品も技術検証していくとのことです。集合住宅では複数の『PacPort』をシェアリング宅配ボックスとして活用することで、居住者の満足度を高められるとアナウンスされています。

また、それだけでなく、フリマアプリなど個人間の中古品売買市場が急成長する中、荷物の受け取りだけではなくて集荷のニーズも高まっています。

PacPortは今後フリマ事業者の取引システムと連携し、ユーザーが家に衣ながら落札商品をすぐに発送できるようなシステムを構築していくとのことです。

今後IoT宅配ボックスへのAi活用は増えてくる

不在時に荷物を受け取ってもらうことのできる宅配ボックスは年々進化しつつあり、インターネットに接続してスマホとつながることで遠隔地からでも中身を確認したりすることができるようになってきました。

しかし、Aiを活用しなければ、たくさんのメールの中から出荷メールを自動で探し出して複数の業者でも一括で管理することなどはできません。今後はますますECサイトの市場が拡大していくことが予想されていますから、それぞれのサイトで買った荷物がいつ届くのか一括で管理することができれば便利だと感じる方が多くなるはずです。

特に、現在発売中の宅配ボックスの中にもAiの顔認証で開錠、施錠を行うことができるものや、Aiで荷物を分析し、追跡することができるシステムを搭載しているものが少しずつ増えてきています。

今後は、ECサイトやフリマサイトなどから通常の荷物などこれまで以上に全体に流通する荷物が増えていくことが予想されますから、Ai技術を活用した宅配ボックスは今後ますます増えていくことでしょう。

まとめ

今回は、『PacPort』が開発したAi搭載のIoT宅配ボックスをご紹介しました。共働きのご家庭、お子様がいるご家庭、ECサイトをよく使う方は、宅配ボックスは生活に必須のアイテムといえるかもしれませんね。

そんな宅配ボックスもAiなどの最新技術を搭載した次世代型であればますます利便性が向上します。忙しい毎日だからこそ、ひと手間を増やしたくないし、宅配業者さんにも申し訳ない、だけど荷物の追跡は一括でできたら便利だという方には『PacPort』がおすすめです。

スマロッカーでは最新の宅配ボックスの情報を随時更新していきます。ご自宅にIoT宅配ボックスを設置したいけどどうしたらよいかわからないといった方はぜひ一度弊社までご連絡ください。

関連タグ