スマートロックの需要は今後さらに伸びてくる?

スマホアプリやデバイスを使用して、カギの開け閉めを行う「スマートロック」。普通のカギやカードキーを使用しなくても、自宅や部屋のカギが開けられるということで、耳にする機会が増えたのではないでしょうか。今までのカギに比べても紛失リスクが低く、安全性が高いのでセキュリティ対策として注目され始めています。とくに欧米での普及率は増加傾向にあり、今後は日本国内においても需要が高まってくると予想されています。

今回は、そもそもスマートロックとはどんなものなのか、スマートロックのメリットとは何なのかというポイントを紹介していきます。 

スマートロックのメリット

「スマートロック」とは、スマホなどのデバイスを使用して、カギの開け閉めが行えるシステムのことを差します。従来は自宅や自動車などを開け閉めする際には、通常のカギやカードキーが必要でした。しかしスマートロックの同情により、実際にはカギを使わなくても開錠・施錠が可能となりました。たとえばスマホをカギの部分に近付けることで、ロックが解除する仕組みのスマートロックも登場しています。そんなスマートロックのメリットを見ていきましょう。

安全性が高い

スマートロックはBluetooth接続などを利用して通信します。そのため安全性が高いのが大きなメリットと言えますね。スマホを利用して開錠。施錠を行うので、ハッキングリスクを恐れている人もいるかもしれません。しかしBluetoothなら、1,600回/秒でチャネルが切り替えられます。そのためデータの傍受が困難で、ハッキングによる第三者のアンロックを防止できますよ。このようにスマートロックは、非常に高い安全性を誇ります。

鍵の開け閉めが楽

スマートロックは製品によりますが、基本的にドアに近付けるだけで開錠が可能です。わざわざ鞄から鍵を取り出し、鍵穴に差し込む必要がありません。買い物で荷物をたくさん抱えている時や、お子さんを抱いている時に便利ですね。

またスマートロックは賃貸物件を見学する際にも活躍してくれます。通常、賃貸物件を見学に行く際には、面倒な手間がかかります。カギの受け渡しのために別の不動産会社に足を運んだり、時にはオーナーの元に直接取りに行ったりしなければなりません。しかしスマートロックなら、それらの手間を省けますよ。

鍵の受け渡しが不要

実物のカギでは、他人にドアの開錠・施錠をしてもらうには、カギの受け渡しや暗証番号を教える必要がありました。いちいちカギを貸したり返したりする手間が面倒という人もいれば、暗証番号を教えるのが不安という人もいますよね。スマートロックなら、それらの手順が一切必要ありません。

たとえば留守中ハウスキーパーさんを雇う場合にも、カギの受け渡しや暗証番号を教える必要がないので、手軽かつ安全です。スマートロックなら、URLをメールやLINEで送るだけでOKです。さらに有効期限も設定できるので、設定時間になればスマートロックは使用できなくなります。

締め忘れ防止

外出時、自宅のカギを閉めたかどうか不安になった経験はありませんか?そんな時もスマートロックなら安心です。スマートロックはドアを閉めてから一定時間が経過すると、自動的にカギが閉まるように設定できるので、閉め忘れ防止に繋がります。子供を留守番させて外出する際にも自動で閉まってくれるので、外出時にも無用な不安を抱えずに済むでしょう。

紛失時も安心

実物のカギやカードキーは、なくしてしまった時が大変ですよね。とくに最近はトラブル防止の為、住宅のカギは複製しにくい「ディンプルキー」が多く使用されています。高い安全性を誇る代わりに合鍵が作りにくいので、万が一の紛失時には大変です。作る際にもわざわざメーカーに連絡し、高い費用と時間を要することになるでしょう。スマートロックは万が一の紛失時にも安心です。仮にスマホを紛失してしまった場合にも、別の端末にアプリをダウンロードしてIDとパスワードを入力すれば、スマートロックの機能が使用できますよ。

スマートロックの需要拡大について

スマートロックは欧米を中心に普及が進んでいます。一方で日本国内においては、欧米で10万台以上の売上を誇る「danalock(ダナロック)」の進出が2015年と、やや遅れていると言えるでしょう。しかし日本のスマートロック市場は1兆円規模とも言われており、ドコモやソニーといった大手企業もスマートロックの本格運用に向けて動き出しています。とくに注目を集めているのが「民泊」と「賃貸」であると言われています。

賃貸会社

賃貸会社においては、東急住宅リースなどの一部の物件ではスマートロックの導入が進められています。スマートロックなら遠隔での開錠・施錠や、来訪者のスマホに一時的に合鍵に生成・付与することが可能です。カギを閉め忘れた時にスマートロックが自動でロックしてくれたり、スマホに通知を送ってくれたりするので、賃借人の反応も上々のようですね。

さらにスマートロックはカギ管理や物件管理の効率化に役立ってくれるので、賃借人だけではなく不動産・賃貸管理業界にもメリットがあります。こうした事情から、今後はさらに多くの会社が導入を検討していくでしょう。

民泊

カギの受け渡しがネットワーク上で行えて、有効期限や回数を制限できるスマートロックは、民泊との相性が抜群です。民泊の利用客の中には外国人も多く存在するので、受け渡し方法やルールが上手く伝達できず、クレームに発展するという事態も想定されます。しかしスマートロックはメールやLINEアカウント、さらにはFacebookなどを経由してURLの送信が可能です。それだけでロックを解除できるので、カギの受け渡しでのトラブル防止に繋がります。

また民泊は面識のない相手が宿泊するので、カギの盗難や複製、そこから発生するトラブルも想定されますよね。スマートロックは有効期限や回数を設定できるので、期限が過ぎれば使用できなくなります。また入退出履歴も残るので、万が一のトラブル時にも証拠が残ります。このように安全性という面で非常に役立つので、今後民泊では爆発的な普及が見込まれています。

スマートホームの普及にはスマートロックは必須

IoT技術やAIなどを駆使して、今までよりもさらに安全・安心・快適な暮らしを実現する「スマートホーム」。具体的には家庭内の電気製品をネットワークで繋いで一元管理し、コントロールすることによって快適なライフスタイルを実現してくれます。近年では子育て世帯、高齢者、単身者などさまざまなライフスタイルが存在します。それぞれでニーズも異なってきますが、スマートホームはニーズに合ったサービスをIoT技術により実現してくれるでしょう。

このスマートホームを始める際には、スマートロックの導入が外せません。スマートロックを自宅の鍵に取り付けると、実物のカギを持たなくてもスマホ操作で開錠が可能となります。施錠もホテルのように、オートロックで自動的に閉めてくれるタイプもあるので便利ですね。合鍵機能では、家族のスマホをカギにすることも可能です。紛失などのリスクを恐れて、子供に自宅のカギを持たせたくないと考える人もいるのではないでしょうか。そんな場合にも安心です。

スマートロックは利便性という面だけではなく、防犯面の強化策としても有効な手段です。このようにスマートロックは、スマートホームを構成する重大な要素の一つと言えるでしょう。

まとめ

今回の記事ではスマートロックの特徴や、今後の需要について紹介しました。特に相性が良い業界は「民泊」「賃貸・不動産」そしてスマートホームです。今後の民泊や賃貸物件では、スマートホームがついている物件が増えてくるかもしれません。住宅においても、利便性と防犯性を強化したスマートロックを導入するスマートホームが普及していくかと思われます。これからの私たちの生活に新たな可能性と発展をもたらすスマートロック。今後も目が離せませんね。

お問い合わせ窓口

関連タグ