スマホで鍵を渡す新ロッカー「SPACER(スペースアール)」の活用法。

インターネットの普及、それに伴う楽天やAmazonなど、さまざまなECサイトの登場により、国内で扱われる宅急便の数は年々増加しており、10年前と比べるとおよそ1.5倍になっています。これにより社会的な問題となっているのが、宅急便の20%と言われる再配達の発生です。再配達が増えることで、荷物を運ぶトラックから排出されるCO2の量は40万トンを超え、年間で10万人近くの労働力が再配達に費やされています。

こうした社会問題となった再配達を解決するため、さまざまな企業が対策となるビジネスモデルを展開しています。

スマホが鍵になる宅配ロッカー「SPACER(スペースアール)」

こうした再配達問題を解決するため動いていたスタートアップ企業「株式会社SPACER」は、スマホを使って鍵の受け渡しを可能にした、新たな宅配ロッカーを2018年3月1日より開始すると発表しました。

「SPACER(スペースアール)」は、他の宅配ロッカー同様に、駐車場やスーパーなど街中に設置出来るタイプのもの。大きく違う点というと、鍵の施解錠は全てスマートフォンで行うということ。SPACERの近くでアプリを立ち上げ、アプリ内操作で鍵を開けたり閉めたりします。さらに「SPACER」は、電子キーを自分以外の人に渡すことも可能なので、わざわざ鍵を渡すためにお互いが会う必要もなく、手軽にやり取りが可能となっています。

価格も手ごろで導入しやすい

また「SPACER(スペースアール)」の特徴として、手頃な価格設定があります。街中にある宅配ロッカーを設置するとなると、費用がかかるため導入を控える人も多いかと思います。しかし一般的な宅配ロッカーの導入費用が、200~300万円ほどになるのに比べ「SPACER(スペースアール)」の導入は、設置やメンテナンスまで込みで40万円!そのため利益率も高く、駐車場やコンビニ、スーパーの入り口など広いところから小さいスペースまで、幅広く導入ができ、空いたスペースもしっかり利益に繋げることが可能です。

では詳しい操作方法や、特徴を見ていきましょう。

関連記事:あなたの街にもあるかも?誰でも利用できるオープン型宅配ボックス「PUDOステーション」の魅力とは

「SPACER(スペースアール)」の操作方法

「SPACER」の使い方は、とても簡単。

・荷物を預ける場合

空いているSPACERを見つけ、近くでiPhoneアプリを立ち上げる。表示されたロッカーの番号を確認し、荷物を入れて扉を閉める。そしてアプリ上で、鍵を閉めたいロッカーの番号をタップします。アプリ内の「Chat」機能で、鍵を共有したい開いてを検索して、鍵を共有する。

・荷物を取り出す場合

該当のSPACERの場所へ行き、近くでアプリを立ち上げる。近くにあるロッカーから、共有されたSPACERの番号をタップして開ける。

関連記事:楽天で購入した商品を最寄り駅で受け取れる「楽天BOX」がスゴイ!

こんなシチュエーションに使える「SPACER(スペースアール)」

新しいタイプのロッカーである「SPACER(スペースアール)」は、ただ荷物を預けて受け取るだけでなく、さまざまな使い方が可能として紹介されています。

①基本的な荷物の預け入れ

SPACERへの荷物の預け入れは、2時間まで無料です。その後6時間ごとに240円の料金が発生します。時間の増やし方は、アプリ上で6時間延長券を購入し、使用しているSPACERのチケットアイコンをタップのうえ、タイマーを6時間加算します。時間がマイナスになると、開かなくなってしまうので注意しましょう。

②営業時間外でも受け渡しが可能

例えばクリーニング屋さんなど、営業時間が限られているお店などに設置すれば、商品の受け渡しを24時間可能になります。どうしてもこの日に受け取りたいけど、時間内に帰ることができないサラリーマンなども、SPACERを使えば、帰り道に受け取ることができます。

③フリマアプリやオークションでの匿名取引も可能

人気の「メルカリ」や「ヤフオク」といったフリマアプリや、オークションサイトなどで取引をする際、取引相手が自宅や会社の近くだった場合、SPACERを使えば宅配便を使う必要が無くなります。配送料や梱包作業も必要なく、住所や名前を知られることのない匿名でのEC取引が可能です。その商品がすぐ欲しくても、これまでだと発送して到着までに時間がかかっていましたが、お近くのSPACERを使うことで、受け取りまでの時間も短縮できます。

④街おこしイベントのゲームにも使える

商店街や町内に設置していれば、クイズに答えて正解するともらえる鍵で宝箱を開けるゲームを、SPACERを宝箱にすることで、スマホを使った新しいシステムのゲームを開催することも可能です。

関連記事:もう自宅が荷物で溢れない!これからは「minikura LOCKER」で届いた荷物をクラウドで管理する!

まとめ

現時点ではiOSのみでの対応となっており、これからAndroid版も登場していくという「SPACER(スペースアール)」。2018年7月ごろにはURLによる電子キーの共有機能を予定しており、これによりLINEなどのメッセージアプリでも鍵のやり取りが可能となっていきます。「SPACER」は、1回の利用ごとに電子キーの暗号はランダムで変わり、本体ごとで解読方法が違うため、セキュリティ面でも安心できる仕組みとなっています。

正式リリースに先駆けて、都内の5つのTSUTAYAで導入を行っているため、近くのかたは一度試してみてはいかがでしょうか。

設置済みTSUTAYA

  • SHIBUYA TSUTAYA(渋谷区)
  • TSUTAYA BOOK APARTMENT(新宿区)
  • TSUTAYA 赤坂店(港区)
  • TSUTAYA 祖師谷大蔵店(世田谷区)
  • TSUTAYA 新大久保店(新宿区)

宅配ボックスに関する情報はコチラ!