あなたの職場にスーパーの食材が届く!「Quist(クイスト)」で従業員満足度も向上!

近年、社会における日本人の働き方に大きな変化が起きており「働き方改革」といった取り組みのもと、仕事をがんばりながら家庭も大切にしたいと、仕事と家庭のバランスを考える人が増えてきました。フルタイムで働く女性が増える中、仕事を終えた後の家事の負担はどうしても大きくなるもの。少しでも家事の時間的負担をなくすため、日々の買い物にかかる労力を軽減するサービスが登場しました。

それが『毎日のお買い物にかかる時間』に焦点をあてた、宅配ボックス「Quist(クイスト)」です。

業界No.1の技術力を誇る機器メーカーが開発した、宅配ボックス

出典:http://nfa.fuji.co.jp/products/quist/

「Quist」を開発したのは、愛知県に本社を構える富士機械製造株式会社。工作機械メーカーとして誕生して以降、高性能の電子部品組み立て機を開発。FUJIの実装機は業界No.1の技術力と、非常に高い評価を得ています。

創業以来受け継がれてきた「innovative spirit」、世界に向けた製品提供やさまざまな活動を行う富士機械製造株式会社が、地域社会に役立つサービスの1つとしているのが「Quist」です。

宅配ボックスの「Quist」は、荷物の“受取”を快適にするサービスとして生まれました。ネットスーパーを活用した、新しい形の買い物スタイルで、買い物に「行く」・商品が届くのを「待つ」から、商品を「受け取って帰る」形を提供します。

関連記事:フリマアプリでの商品のやり取りにも使える!スマホで鍵を受け渡す新しいロッカー「SPACER(スペースアール)」の便利な活用法。

「Quist」で新しい配達の形を実現

・一か所の「Quist」へ同時配達

1つの場所にあるQuistに、複数件の商品をまとめて短時間で配達できるので、何度も届けに行く配達コストもかからず、お客さま不在での再配達もありません。

・配送作業も簡単

何人もの荷物を、1件ずつ鍵を開けて収納するのは、配送業者にとっても非常に面倒。しかし「Quist」であれば、商品についている配達用バーコードを読み取るだけで、自動的にボックスが開きます。後は商品を入れて、扉を閉めれば配達完了となります。

・生活範囲のどこにでも設置可能

「Quist」は、どこにでも設置することができます。駅や公共施設、営業時間外でも受け取れるような店頭受取サービスや病院、近くにスーパーなどがない住宅地や職場など、その方法はさまざま。

関連記事:楽天で購入した商品を最寄り駅で受け取れる「楽天BOX」がスゴイ!

「Quist」の大きな3つの特徴

出典:https://quist.jp/office/

①午前中に注文した商品が、午後には職場にお届け

忙しくて、仕事終わりに買い物に行けそうにないと思ったら、午前中のうちにネットスーパーで食材を注文。新鮮な野菜やお肉、お魚などが退社時刻までに職場の「Quist」に届けられます。夕方届いても遅くなってしまったら、鮮度が落ちてるんじゃ・・という方にも安心!しっかり保冷状態もキープした状態で届けられるので、残業になってしまっても大丈夫です。「Quist」に商品が届いたら、登録のメールアドレスへ通知が送られます。

②QRコードを「ピッ」とかざすだけ

「Quist」に届いた商品を受け取るのも、とっても簡単。商品が届いた時のメールに、QRコードがついているので、職場や駅などの「Quist」にピッとかざすだけ。すると商品の入った扉が開くので、荷物を取り出して終了です。

③ムダを省いて、おトクに買い物

「Quist」を使えば、昼休みや休憩時間など、空き時間に買い物ができ、商品は職場に届きます。おかげで移動時間や、レジの混雑待ちによる「時間のムダ」を省くことができ、家事にあてる時間を有効活用できます。

さらにオンライン申込みにも関わらず、店頭価格で商品を購入でき、特売セールにも対応しているため、おトクに買い物が可能。

注目の宅配ボックスはこちらでご紹介しています!

企業が「Quist」を導入するには?

出典:http://nfa.fuji.co.jp/products/quist/detail.php?id=3

職場や店舗にも設置できる「Quist」を導入するには、どうすればよいでしょうか。

①担当者打ち合わせ

設置ボックスの数や場所、開始時期のヒアリングをはじめ、希望の小売店や配達時刻などを確認していきます。

②小売店調査

設置場所周辺の提携可能な小売店を調査、対応が可能か確認を行います。あわせて配達時刻など細かい条件を、お客さまの都合に合わせて調整していきます。

③利用希望者へ説明

利用者との打ち合わせ、提携小売店との条件確認を終えたら、設置・利用に向けて動きます。Quistの利用を希望している会社の従業員向けに、商品説明・利用方法などの説明会を開催。この時に、利用者登録をまとめて行います。

④Quist取り付け

契約が完了したら、お客さまの指定した場所へQuistを設置します。サービスのサポートは「Quistお客さまセンター」で対応しています。

導入費用

「Quist」は、縦1列が4個と6個の2種類のボックスを繋げて利用します。利用人数やボックスの大きさに合わせて、選ぶことができます。設置個数によって料金も変わってくるため、基本的には最初の打ち合わせ時に確認ください。

設置例として、4個ボックス3列(11ボックス)の場合、3万円台から利用することができます。利用者の負担は基本商品代金のみで、法人との契約になりますので、注意ください。

関連記事:あなたの街にもあるかも?誰でも利用できるオープン型宅配ボックス「PUDOステーション」の魅力とは

まとめ

仕事をしていると、帰りに買い物行こうと思っても、疲れていたら行く気をなくしてしまうこと多いですよね。インターネットが普及し、手軽に買い物が出来るようになりました。しかし自宅に届けられるのであれば、仕事をしている人は結局受け取れないという事も多く、帰宅後に別日で再配達を依頼することで、なかなか減らない再配達問題が起こってしまいます。

「Quist」は、仕事をしている人の負担だけでなく、再配達にかかるコスト問題も解決するサービスと言えるのではないでしょうか。空いた時間で注文して、帰ることには商品が届いてるというサービスがあると、働いている社員の満足度も一気にあがること間違いなしですね。

関連記事:米Amazonが不在時でも自宅内配送を可能にするサービスを開始