誰でも利用できるオープン型宅配ボックス「PUDOステーション」の魅力とは?

日本が抱える再配達問題を解消するため、多くの企業が再配達対策を打ち出してきました。これによりマンションだけでなく個人でも宅配ボックスの設置を行う家庭も増え、少しずつですが日本全体が解消に向けて動いています。

そんな中、宅配ボックスが自宅になくても再配達の手間を省ける便利なサービスがあります。それがオープン型宅配ボックス「PUDO(プドー)ステーション」です。

オープン型宅配ボックスとは

宅配ボックスというと、マンションのエントランスなどにポストと一緒に設置されているイメージが強いかと思います。不在時でも宅配ボックスに預けておけば、再配達の必要もなくてとても便利な設備ですよね。しかしこうした設備のない建物に住んでいる方は、どうしても再配達対応をしなくてはいけません。日中は家におらず、帰宅も指定時間外になることの多い単身者の方にもってこいのアイテムが、このオープン型宅配ボックスです。

オープン型宅配ボックスは、自宅ではなく駅やドラッグストアなどの公共施設に設置され、この宅配ボックスに荷物を届けてもらうことで、仕事帰りなど配達時間外にいつでも受け取りに行けるというもの。あらゆるお客様にとって便利な場所に設置が進められています。

関連記事:宅配ボックスの設置に補助金が出る!?街中での宅配便受け取りが便利に!

PUDOステーションの特徴

オープン型宅配ボックスの中でも、急速に数を増やしているのが、2016年に設立したパックシティージャパンが運営する「PUDOステーション」です。2016年7月の設置開始以降、着実にその数を伸ばし、2017年10月には関東を中心に、累計1000台を突破しました。ではPUDOステーションは、どんな特徴があるのでしょうか。

①1台で複数業者OK

PUDOステーションなら、特定の業者でないと利用できない宅配ロッカーと違い、複数の宅配業者と提携をしているため、さまざまな宅配業者の荷物を受け取ることが可能です。ご自宅や会社の最寄り駅や帰宅途中にあるスーパー・ドラッグストアなどでいつでも受け取りができます。

対応可能な宅配業者

・ヤマト運輸
クロネコメンバーズに登録(無料)していれば、受け取り場所をPUDOステーションへ変更可能。全てのPUDOステーションで利用ができます。

・佐川急便
一部のPUDOステーションで受け取ることが可能です。利用可能なPUDOステーションはコチラ

・DHLジャパン株式会社
世界220ヶ国を結ぶDHLのサービスでも、全てのPUDOステーションが利用可能。宅配ロッカー利用サービスとして、運送状番号を入力し、配送先を設定する。

・順豊エクスプレス株式会社
宅急便ロッカーサービスを使って、PUDOステーションを選択することで利用が可能。

②いつでもどこでも受け取りOK

PUDOステーションの設置場所は、駅やスーパーだけでなく、ドラッグストアや駐車場などさまざま。ライフスタイルの多様化に伴い、お客様の生活に便利なあらゆる施設に設置をすることで、より利便性と快適さを提供していくとしています。数ある設置場所の中から、あなただけのお気に入りの宅配ボックスを見つけることもできるかも。

ただし荷物の預り期限は“3日間”となっていますので、注意しましょう!

>>もう自宅が荷物で溢れない!これからは「minikura LOCKER」で届いた荷物をクラウドで管理する!

PUDOステーションの利用方法

オープン型宅配ボックス「PUDOステーション」の利用方法は、とても簡単。

受取指定

商品購入時や再配達時に、受け取り先住所を希望する場所のPUDOステーションを選択。宅配業者は、荷物を依頼されたPUDOステーションに配達します。荷物が届けば、受け取り用のパスワードが2つあなたの元へ届きます。

荷物受取

指定したPUDOステーションへ行き、事前に届いた2つのパスワードを入力。タッチパネルに指で署名を行うと、扉が開いて荷物を受け取れます。慣れたら、数十秒で操作できるものなので、どなたでも簡単に荷物の受け取りが可能です。

>>再配達不要でコスト削減!増える宅配ボックス

安心のサポート体制

PUDOステーションの設置に必要なのは、設置スペースと電源1か所のみ。室内、室外どちらも対応できる2種類のタイプがあるので、設置場所にも悩む必要ありません。今まで来なかったようなお客様も、荷物の受け取りでリピーターになることで、設置している店舗を利用することにもなるでしょう。新たな集客コンテンツにも、今後成長していくかもしれません。

またPUDOステーションのメンテナンスについては、パックシティージャパンにより定期清掃とともに行われ、万が一トラブルが発生した場合も24時間・年中無休で対応してくれます。パックシティージャパンでは、PUDOステーションのシステムを一元管理しており、情報をリアルタイムに把握して、トラブル時にも迅速な対応を可能としています。

>>パナソニックが再配達削減に向けて、新たなプロジェクトを開始!次なる場所は、歴史と伝統の街・京都!!

まとめ

単身者の多いエリアでは、再配達になることも非常に多いので、仕事帰りにちょっと寄って荷物を取って帰ることができるPUDOステーションは、便利なサービスではないでしょうか。宅配ロッカーは、駅の構内に設置されていることは多いですが、PUDOステーションの場合は駅だけでなく、街の色々なお店でも設置されているのがポイントのひとつです。駅だと利用者がかぎられてしまいますが、近くのスーパーなどに設置されるだけで、なかなか駅を使わない人にも利用しやすいサービスとなります。

なかなか荷物が受け取れなくてお困りの方、ぜひお近くにPUDOステーションがないか探してみてはいかがですか。

宅配ボックスの記事はコチラ!