スマホがなくても大丈夫!ICカードが使えるスマートロック4選

スマートフォンを使って、自宅やオフィスの鍵を開けることができる「スマートロック」。鍵の権限を持っている人以外は開けられなかったり、一度付与しても期間が決められて次は開けられなかったりなど、セキュリティ性・防犯性も高いため、近年多くの方が導入を始めています。

しかし全ての人がスマートフォンを持っているとは限りません。年配の方や小さなお子様などは、ガラケーだったり携帯電話を持っていなかったりということもあります。そこでスマホを持っていない方、または忘れた時にでも安心のスマートロックをご紹介。

スマホがなくても大丈夫?

一般的にスマホを使って鍵を開ける「スマートロック」ですが、各製品の中にはスマホ以外で開けることが出来るものもあります。スマホを持っていない方や、つい持って出るのを忘れた時などに便利なその機能が、ICカードです。「ICカード」と言われても、ピンとこない人もいるかもしれませんが、電車やバスなど交通機関を使う際に、改札でかざしているカードも交通系のICカードです。SUICAやPASMO、関西ではICOCA、九州だとSUGOCAやnimocaなどが有名かと思います。

スマホは持っていなくても、こうした交通系ICカードを持っているという人は多いので、スマホがないから「スマートロック」が付けられないという方も、安心して取り付けることができます。

関連記事:あなたの会社は安心できる?今、導入しておきたいスマートフォンで管理する「入退室管理システム」とは

ICカードで鍵の開け閉めができるスマートロック4選

ではスマホがなくても鍵が開けられるスマートロックは、どういったものがあるのでしょうか。安定の人気製品から、登場したばかりの最新製品までいくつかご紹介します。

Akerun

株式会社フォトシンスが提供している「Akerun」は、スマートロックの中でもトップ3に入るサービスです。すでに取り付けられている鍵に、上から付けるだけでスマートロックに変身させることができ、スマホだけでなくICカードを使っての施解錠も可能。鍵の権限付与も自由に行えるだけでなく、誰がいつどこを出入りしたなどの入退室管理もできるため、自宅のほかオフィスでも安心して利用することができます。

企業の社員証などもICカードになっているものが多いため、オフィス内では社員証をかざして出入りすることで、部外者の侵入を防ぐこともできます。

解錠方法:スマートフォン、ICカード

関連記事:どんな業態にもマッチする「Akerun Pro」を企業が導入すべきポイント

T!NK

2017年に登場した「T!NK」は、福岡に本社を構えるスタートアップ企業『tsumug』が開発したスマートロックです。従来のスマートロック同様に、スマホで鍵の権限をシェアできるだけでなく、多くの方が利用している「LINE」のプッシュ通知にも対応しているため、使い慣れたツールですぐに通知を確認することができます。さらにICカードへの対応のほか、暗証番号を入力するテンキーでの解錠も可能なため、手ぶらの状態でも出入りができます。

解錠方法:スマートフォン、ICカード、テンキー

関連記事:秋葉原のモノづくり施設で生みだされた、次世代のIoTを担うスマートロック『T!NK(ティンク)』登場!

ドアコンシェル

Bluetoothの導入支援などを行っている、エイディーシーテクノロジー株式会社の「ドアコンシェル」は、3つの解錠方法が特徴のスマートロックです。スマホでの解錠のほか、本体に付いているテンキーで暗証番号を入力するか、ICカードでの入室です。さらにはFelicaにも対応しているため、Apple WatchやApple Pay、おサイフケータイにも対応しているので、ガラケーの方でもかざして開けることが可能です。

解錠方法:スマートフォン、ICカード、Felica(おサイフケータイ)、テンキー

関連記事:解錠方法はなんと3種類!自宅のドアの解錠は「ドアコンシェル」にお任せ!

Glamo Smart Lock

住まいのIoT化をはかる、ホームアシスタント『iRemocon』と連動して使えるスマートロック「Glamo Smart Lock」。近年増えている簡易交換型の鍵とは違い、耐久性や信頼性の高いスマートロックとなっています。『iRemocon』を通じてネットワーク連携ができるなど、さまざまなIoT機能を実現。スマホでの解錠だけでなく、テンキーやICカード・Felicaを使って鍵を開けることができます。

解錠方法:スマートフォン、ICカード、Felica(おサイフケータイ)、テンキー

関連記事:あなたにもっと自由を!自宅のIoT化を進める「iRemocon」と連携する、便利なスマートロックは「Glamo Smart Lock」!

まとめ

スマートロックは、スマホを持っている人だけのサービスではありません。家族全員がスマホではなくても、ICカードやガラケーのFelica機能などを使えば鍵を開けることができます。メーカーによっては、スマートロック専用のキーホルダーのようなものが付いていることもあるので、小学生ぐらいの小さいお子さんなどは、ランドセルにくっ付けておけばケータイを持つ必要もありません。

利用環境に合わせたスマートロック選びが重要ですね。