解錠方法はなんと3種類!自宅のドアの解錠は「ドアコンシェル」にお任せ!

後付け型のスマートロックが続々と登場している中、いざ使ってみるとスマホを取り出して、アプリを開くのが面倒だったり、ICカードもバッグから取り出すので従来の鍵と変わんなかったりする・・・という声も聞こえてきます。中には、近づくだけで自動的にドアが開くような設定が出来るものもありますが、取り出すという行為は今までの物理的な鍵と変わらないと感じているようです。

こうした声に応えられる注目のスマートロック「ドアコンシェル」をご紹介します。

ドアコンシェルとは

ドアコンシェルを開発したのは、Bluetoothモジュールの提供やBluetoothの導入を支援しているエイディーシーテクノロジー株式会社です。同社は以前から、車の自動ロックをはじめさまざまな電子錠を開発してきました。お客様のビジネスをサポートするシステムを作り続けてきた経験を活かして、ドアコンシェルは生まれました。

元々「Tempo Lock」という名前で販売していたので、そちらの名前を知っている方も多いかもしれません。名称が変わり、さらに進化したスマートロック「ドアコンシェル」の特徴とは一体どんなものでしょうか。

>>生活をよりシンプルにするSESAMEのスマートロックを使って、みんなで「開け、ごま!」

ドアコンシェル3つの解錠方法

スマホ解錠

専用のスマホアプリをダウンロードすれば、Bluetooth通信であなたのスマホとドアコンシェルが接続。遠隔で鍵の解錠が可能です。アプリ上に表示されているマークを上下にずらすだけで、鍵の開け閉めができるので、どなたでも簡単に操作できます。

テンキー解錠

ドアコンシェルには、テンキーがついており、スマホを出す必要もなく暗証番号を入力するだけで鍵を開けることができます。番号が覚えられないと思っていても、意外と慣れれば自然と押せるようになるので、手ぶらで外に出ることができて便利です。

テンキーで使える番号はなんと2種類。自分で好きな番号を設定する「任意暗証番号」と毎日0時に暗証番号が変わる「ワンデイパスナンバー」が設定できます。

ICカード解錠

多くの方が利用しているICカードも利用が可能です。社員証や交通系ICカードなど、お手持ちのICカードを登録すれば、ドアコンシェルにICカードをかざすだけで利用いただけます。またドアコンシェルは、Felicaにも対応!Apple WatchやApple Pay、おサイフケータイなどで鍵を開けることができます。

>>これからは自転車の鍵もスマホで管理!自転車向けスマートロック4選

他にも便利な機能が沢山

ドアコンシェルは、単3のアルカリ電池で動きます。急に電池がなくなることがないように、残量が10%以下になったらアラートでお知らせ。それでも万が一突然動かなくなってしまっても、従来の物理的な鍵でスグに開けることができるため安心です。オートロックで鍵の閉め忘れも防ぐことができるため、外出先で慌てることもありません。

もちろん既存の鍵への後付けタイプになるため、賃貸物件でも安心して利用が可能。取り付けは専門スタッフが1時間ほどで作業するので、設置が不安な方も気にする必要ありません。

充実のサポートサイト

ドアコンシェルのホームページでは、さまざまな操作方法がわかりやすい動画で紹介されています。機器の設置や操作方法って、文字だけでは分からないということも多いですよね。そんな時ホームページ上の動画を見れば、どんな機能なのか、どう操作すれば動くのかすぐに分かります。展示会の様子や、ちょっとした豆知識なども紹介しているので飽きません。

>>どんな業態にもマッチする「Akerun Pro」を企業が導入すべきポイント

まとめ

3つも解錠方法があれば、うっかりスマホを持たずにドアを出てもテンキーで開けたり、出勤時に使っているICカードで開けたりできるので、部屋に入れず困ってしまうこともありませんね。

ドアコンシェルは個人で使えるだけでなく、企業向けにAPIも公開しており、さまざまなサービスとの連携も可能となっています。宅配ロッカーや金庫にも対応を進めているようなので、これからますます普及していくのではないでしょうか。

>>必ずしも便利なわけではない?スマートロックを選ぶうえでの5つのデメリット!