米Amazonが不在時でも自宅内配送を可能にするサービスを開始

日本でも普及が進んでいる宅配ボックス、自宅にあると便利だなと思っていても、そう簡単に取り付けられないこともしばしば。アメリカなどでは、玄関先に荷物を置いていくこともあるようですが、盗難、置き引きなどがどうしても心配。

そこで今回、アメリカの大手インターネット通販サイトAmazonがプライム会員向けに、スマートロックを利用して自宅内に配達員が入って荷物を届けるサービスを開始すると発表しました。

新サービス「Amazon Key」とは

Amazonが10月25日に発表したのは、配達先の玄関の開錠に必要なスマートロックと配達員の動きを記録することが出来るカメラ(「Cloud Cam」)をセットで導入する『Amazon Key』というサービスです。このカメラとスマートロックのセットを「Amazon Key In-Home Kit」と呼びます。

「Amazon Key」は、11月8日から米国37都市で開始され、順次エリアを広げていくとのこと。また、このサービスは配送業者だけでなく、ハウスキーピングや犬の散歩などにも活用できるとのこと。

「Amazon Key In-Home Kit」

システムの流れ(宅配の場合)

自宅に「Amazon Key In-Home Kit」を設置しているユーザーがAmazonで買い物をする際に、配送オプションにて『In-Home』を選択。そして荷物を持ってきた配送業者が、利用者宅の前で配達物のバーコードをスキャンすると、データがAmazonに転送され配送時間、業者などが間違いないか確認を行います。Amazonが問題ないと判断すると、遠隔で自宅に設置してある「Cloud Cam」の録画を開始し、同時に玄関に設置したスマートロックを開錠します。荷物を置いた配送業者はドアを閉めて帰るだけとなります。

カメラで配送業者が荷物を部屋に置く様子も録画でき、別の場所にいる利用者がリアルタイムで確認することも可能なため、入ってきた業者がおかしなことをしていないか確認も出来るため、安心です。

関連記事:宅配ボックスはマンションだけじゃない!個人向け宅配ボックス6選

Amazon Cloud Cam

Amazon Keyで使われる「Amazon Cloud Cam」は、視野角120度、解像度1080pでナイトビジョンにも対応しています。高さも10.4センチ、重さ142gと軽量で小型タイプとなっており、主に室内向けのセキュリティカメラになります。Amazonが開発した「Alexa(アレクサ)」を経由してAmazon Fire TVを始めとした各デバイスにカメラからのリアルタイム映像を流すことが可能となっています。カメラの映像は無料で24時間分の動画が自動保存され、必要に応じて有料オプションとして最大30日間の録画に変更出来ます。カメラ単体の価格は1台およそ120ドル(約1万4千円)となっています。

関連記事:あなたの生活シーンをスマートに演出する「Akerun」

Amazon Key指定のスマートロック

このAmazon Keyには、YaleやKwiksetなどのスマートロックが複数指定されていて、見た目や色など自由に選ぶことができます。カメラとのセットで、およそ250ドル(約2万8400円)からと従来のスマートロックとウェブカメラを購入するよりも安価で利用が可能です。

関連記事:日本よりも身近に浸透している海外のスマートロック7選

まとめ

まだ、アメリカで始まったサービスではあるが、いずれ日本にも入ってくるかもしれない。しかし、ベビーシッターなどが日常化しているアメリカなどに比べ、他人を家主がいない中で室内に入れることの少ない日本では、セキュリティ面などを不安視する声の方が大きくなるのではないでしょうか。それもこれも、アメリカでのサービス開始後の動向次第のため、まずはしばらく様子を見ていきたいところですね。